平成の女児の心を捉えたコスメブランド「スイートバンビーニ」 薄づきでやさしい子ども向けコスメの思い出漫画にトキメキがよみがえる(1/2 ページ)

ハートのコンパクトがかわいいかったなぁ……!

» 2021年07月28日 20時00分 公開
[ねとらぼ]

 エンドレスバブ(@endlessbabu1)さんがTwitterで連載中の「2000年代女児のおもいで」を描いた漫画が、ねとらぼGirlSideで読めるようになりました!

 心の奥にしまっていたキュンとした気持ちが懐かしさとともに迫りくるコミックエッセイをどうぞお楽しみください。

お化粧に憧れて

お化粧に憧れて
お化粧に憧れて

 現在アラサーのバブさんが、小学生だった頃のお話です。身だしなみグッズや化粧品をポーチに集めるのが大好きだったバブさんと妹のポポミさん。今日もポーチの中身を見せ合いっこして、メイクごっこを始めます。

 ポーチの中身は、薬用リップやクリアマスカラ、お母さんが使っていたチークやアイシャドウの残りなど。雑誌の付録についていたラメ入りのマニキュアや、サン宝石の剥がせるマニキュアといった子ども向けのコスメもある中で、2人が特別お気に入りだったのは、タカラ(現タカラトミー)が展開していたコスメブランド「スイートバンビーニ」のリップグロスです。

 ピンクの子鹿がデザインされたパッケージのコスメは見た目にもかわいらしく、小学生の心を掴んで離しませんでした。ちなみに広告モデルはティーンモデル時代の新垣結衣さん。これは憧れてしまう……!

お化粧に憧れて
お化粧に憧れて

 薄付きで、どの色を塗っても大きな差はあまりない子ども向けのコスメ。しかし、姉妹でグロスの色を交換したり筆で顔に色を乗せる行為が、2人をドキドキさせるのでした。

 「スイートバンビーニ」のリップグロスでテンションが上がった2人は、お母さんのコスメの残りを使ってさらに変身してみることに。果たして、2人のはじめてのメイクアップはうまくいくのでしょうか?


 この漫画には「スイートバンビーニの同じの持ってたし懐かしすぎるよ」「『スイートバンビーニ』という単語を20年ぶりくらいに聞いて悶絶した…!!」「デパコスよりこの時代のメイクパケが好きなの私だけかな…」と、同世代の人からの熱いコメントが多数。また、当時スイートバンビーニの販売員をしていた人からの「みんなニコニコしながら親御さんにみてみてーって自慢してるのがとても可愛かったです」というエピソードも寄せられていました。

 「ハートカンパニー」や「ピンキッシュ」など、さまざまな種類があった平成の子ども向けコスメ。現在放映中のアニメ「トロピカル〜ジュ!プリキュア」でもコスメがフィーチャーされているところを見ると、かわいいコスメは令和でも変わらず子どもたちの心をとらえているようです。

 「2000年代女児のおもいで」は、Twitterで最新話を公開中です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/10/news186.jpg 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  3. /nl/articles/2406/11/news018.jpg 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  4. /nl/articles/2406/10/news028.jpg 原木シイタケの上に包丁を置いて育てたら…… 260万再生された興味深い結果に「まさか軸が」「イかれた実験」
  5. /nl/articles/2406/11/news026.jpg 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  6. /nl/articles/2406/10/news189.jpg ホロライブ・博衣こよりが「FF4」で悲劇 「カイン」をファンネーム、「パロム&ポロム」を後輩の名前にしてしまい配信が阿鼻叫喚に
  7. /nl/articles/2406/10/news141.jpg 子どもが手を痛めて病院へ→思わず笑っちゃう“レントゲン写真”に24万いいね 「こんなかわいい骨格あるの」「デフォルメ?」
  8. /nl/articles/2406/08/news085.jpg これは悪魔的発想……! ランチパックを魔改造→絶品アレンジに15万いいね 「絶対うまいやつ」「天才 マネしよ」
  9. /nl/articles/2406/11/news163.jpg 身分証提示も先方「男性って書いてますけど」 “男の娘”YouTuber、カラオケ店員の“爆笑”に怒りあらわ「馬鹿にするのは違う」「悔しいしむかつく」
  10. /nl/articles/2406/10/news061.jpg 「これは伝説」 1人の男性が“25年間”同じ角度で自撮りをし続けたら……大変貌したタイムラプスに反響 「いい歳の取り方」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」