ニュース
» 2021年07月29日 12時00分 公開

【漫画】小学生のときに考えた“弟にお菓子を食べられない方法”が斜め上 なぜか宮迫博之の名前でお菓子を死守(1/2 ページ)

ときどき道理を引っ込ませる子どもの謎理論。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「宮迫博之(雨上がり決死隊)さんのおかげで弟からお菓子を守れた」という、幼少期の思い出漫画がシュールでおかしいです。言ってることはよく分からないけれど、きばつな絵柄の勢いと“圧”でなんとなく受け入れてしまう。

アイキャッチ 弟との仁義なき戦い
漫画をまとめて読む

 作者のむめい(@mumei10101Instagram)さんは子ども時代、お菓子を食べているとすぐねだってくる弟に手を焼いていました。「ダメ」と断るとすぐ泣かれ、いつも最終的にはお母さんに「お菓子の1個ぐらいあげなさい」と怒られてしまいます。

1P
2P

 ここまでは上の子が割を食う“姉弟あるある”ですが、むめいさんが「弟を泣かせずお菓子を守る方法」を考え始めたところで、話の雲行きはおかしなことに。ふとテレビから流れてきた宮迫さんのギャグ「宮迫です」が、妙案(?)をもたらします。

3P

 どういう経路でその思考に至ったのか、お菓子を“ミヤサコ”と呼ぶアイデアが誕生。むめいさんは書いてあるはずもない「ミヤサコのお菓子は小学生にしか食べられない」ルールを吹き込み、未就学児の弟を強引に納得させました。ゴリ押しするほうも受け入れるほうもおかしいですが、子ども同士のやり取りって、理屈じゃなかったりしますしね……。

 以来、むめいさんはあらゆるお菓子をミヤサコだと言い張って弟のおねだりをブロック。平穏な日々を手にしますが、それも長続きはしませんでした。「ママのお菓子はミヤサコのお菓子?」と聞かれたお母さんにより、「ミヤサコはテレビに出てる人のことやよ?」と、弟に真実が伝えられたのです。

4P

 だまされていたと知って弟は大激怒。メガトンパンチを食らってむめいさんは泣かされる羽目になるのでした。

 漫画は「“ミヤサコのお菓子”の発想が面白すぎる」「勢いがすごくて元気出る」「この狂ってる感じ夜勤明けにしみる」と好評。「『ビッグカツは辛いから小学生にならないと食べられない』と吹き込まれた」など、似た思い出も寄せられています。

作品提供:むめい(@mumei10101Instagram)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  7. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  9. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  10. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響