ニュース
» 2021年09月09日 11時30分 公開

あのときの先生には「本当にごめんなさい」という気持ち 幼稚園から脱走した僕→連れ戻した先生が泣きながら謝ることになった理由(1/2 ページ)

約40年前、入園したてのころの体験談。

[ねとらぼ]

 「学校は机に座って勉強するだけの場所ではない」とよく言われますが、それゆえにさまざまな事故やトラブルも起こりうるもの。ねとらぼ読者からそんな体験談を伺う本企画、今回は番外編で「入りたての幼稚園から脱走しようとしたら……」というお話を伺いました。

「足は痛いわ、心も痛いわで」



 幼稚園に入園してすぐ4、5歳のころ、園になじむことができなかった僕は登園早々に脱出しようとしたことがあります。父の車で園まで送ってもらい、教室にバッグなどを置いたあとすぐに、父を追い掛けるつもりで抜け出しました。

 ですが、園から目と鼻の先くらい近い場所で、ママチャリで通勤途中の先生に遭遇。自転車の後ろの荷台にまたがるように乗せられて強制送還されたのですが、その際に後ろの車輪のスポークに右足が挟まり、ケガをして、私は大泣きしてしまいました。

―― あらあら、トラブルが連鎖しますね。

 その後、話を聞いて駆け付けてきた親に、先生は泣いて平謝り。僕が悪いのにそんな風に謝っている姿を見て、僕は余計に大泣き。

 そして、親は当然ながら先生ではなく、僕を叱って、さらに大泣きしていました。

 足は痛いわ、心も痛いわで、あのときの一連の流れは、40年たった今でも鮮明に覚えています。

 現在のように、さまざまな対策やルールが徹底されている状況では起こらない事故かもしれません。今、同じようなトラブルが起こったら、お互いが謝るだけでは済まされないかもしれませんね。

―― カッチリした話をするとギリギリ業務時間外での対応ですし、“仕事としての責任”のような観点で考えると意外と難しい状況かもしれませんね。

 あのときの先生には「本当にごめんなさい」という気持ちです。でも、おかげさまでその後は園にも慣れて、楽しい幼稚園生活を送れました。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」