ニュース
» 2021年08月05日 20時00分 公開

水族館に囚われた人魚を助けたい男→「ウケる何ソレ王子様かよ」 普通に定時で帰る“ギャル人魚”の漫画が斬新かわいい(1/2 ページ)

オンオフのギャップよ。

[ねとらぼ]

 水族館に囚われた人魚を助けるため、職員として内部に潜入した男。しかし想像していたような“かわいそうな人魚姫”はどこにも存在せず……。漫画家・佐々木マサヒト(@okbokujou_ssk)さんによる人魚の漫画が斬新な魅力で人気です。

 舞台は本物の人魚を展示する水族館。主人公の男は客として彼女の元を訪れるうちに、助けを求めるような儚い表情に恋してしまいました。

 「彼女を解放しよう」、そう誓った男は必死の努力で水族館に就職します。念願かなって人魚の担当になり、目標の成就まであと一歩。男は計画を実行すべく、初めて人魚の部屋に足を踏み入れますが……。

 対面した人魚は「いや〜クッソ疲れたわ」と愚痴りながら普通に定時で帰宅するところでした。

 男が想像していた薄幸の人魚は幻想で、しゃべり方からスタッフTの着こなし、セリフのフォントに至るまで、その実態はどこからどう見てもギャル。男はあまりのギャップに落胆……するかと思いきや、自由すぎる人魚のかわいさに2度目のひと目ぼれを経験するのでした。

 作者は『爬虫類ちゃんは懐かない』『ギャル転生 〜異世界転生マジだるい〜』の佐々木マサヒト(@okbokujou_ssk)さん。佐々木さんのTwitterでは、ギャル人魚のお話の続きも公開されています。

作品提供:佐々木マサヒト(@okbokujou_ssk)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響