ニュース
» 2021年08月05日 16時55分 公開

「購入したiTunesカードのバーコードが細工されていた」 他人にプリペイドカード料金を支払わせる盗難手口に注意(1/2 ページ)

盗んだカードのバーコードをコピーして店頭の別のカードに貼り、他人に買わせて有効化させる手口。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 コンビニで買ったiTunesカードのバーコード部分が、他のカードのバーコードにすげ替えられていた――。POSAカードの仕組みを悪用した詐欺の手口が、被害者によって注意喚起されています

POSA 被害者が購入してしまった詐欺カード(画像提供:Misaさん)。よく見ると本来のバーコードの上に、別のバーコードが貼られている。これにより被害者は何者かが持つ別のiTunesカードの料金を支払ってしまった

 iTunesカードなど多くのプリペイドカードに採用されている「POSAカード」は、レジで購入して初めて、封入されたシリアルコードが有効化される仕組みです。そのため、本来であれば盗品のカードに価値はありません。

 そこで誕生した手口が「そのままでは使えない盗品カードの料金を他人に支払わせよう」というもの。盗んだカードのバーコード部分をシール化し、別のカードに貼り付けてダミーを作成。店頭に設置されたダミーを誰かが購入すると、犯人が手元に残した盗品のカードが有効化されるわけです。

POSA 不審なバーコードに注意(図は筆者によるもの)

 もちろん、お金を支払った被害者のカードは有効化されず払い損に。今回のケースでは店から全額返金されたものの、販売店が割を食う形となりました。被害者は「購入前にバーコードに不審点がないか確認」「購入後はすみやかにシリアルコードを使用、無事有効化できるまでレシートは捨てない」「売り手側も売り場の再考やバーコードの確認が必要」と、注意を呼びかけています。

 なお、今回の事案が発生したコンビニはセブン-イレブンとのこと。編集部がセブン&アイ・ホールディングス広報に問い合わせたところ、「手口については把握しており、現場に注意喚起を実施しています」と回答しています。

協力:Misa(@MisaDisney)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響