ニュース
» 2021年08月06日 14時42分 公開

ポカリは缶とボトルで味が違う?→公式「事実です」 思わず飲み比べたくなる発見に驚きの声(1/2 ページ)

果汁の内容が違うようです。

[関口雄太,ねとらぼ]

 スポーツドリンクのポカリスエットがペットボトルと缶で味が違うという事実を確認したツイートに、驚きのリアクションが多数寄せられています。

缶とボトルで味が違う?→ポカリ公式「事実です」 飲み比べると楽しそうな発見に驚きの声が殺到 ポカリは1980年に缶で登場しました

 発端となったのは、KUNIO(@kunio9209)さんの投稿。KUNIOさんは「缶のポカリは一気に飲めるけど、ペットボトルのポカリはなぜか一気に飲めない。味が違う気がする」と気付きました。缶とペットボトル、どちらも同じポカリなのに、缶の方が「ゴクゴク飲める」と、違いを感じたそうです。飲み口の形が違うからなのか、実際に味が違うのか、とても気になります。

 KUNIOさんが販売元の大塚製薬に問い合わせたところ、「缶とペットボトルは容器の素材の特性上、原材料の一部が異なります」と返答が。KUNIOさんの場合は缶の方がスッキリしていると感じたそうですが、「ペットボトルのポカリはごくごく飲める」という意見もあり、どちらが好みに合うかは個人差がありそうです。

 ツイートの内容について、ねとらぼ編集部が大塚製薬に事実を確認したところ、缶とペットボトルとの原材料の違いについては「事実」とのことでした。具体的な違いは「果汁」で、缶とペットボトルで表記はどちらも果汁ですがその内容が異なるようです。

 容器によって原材料が変わる理由は、容器包装の素材が持つ特性によるもの。詳しい理由は明かされていませんが、公式サイトを確認すると、粉末のポカリでは「金属以外の容器をご利用ください」と注意書きがあり、その理由として「ポカリスエットの成分が金属を錆びさせてしまう可能性がある」との記載があるため、このポカリの性質が関係していそうです。

 ちなみに1980年の発売時の味や材料に近いのは缶とペットボトルのどちらであるか聞いたところ、発売当時のポカリは缶(と粉)で登場しており、基本的に発売後に変更はしていないそうです。したがって缶と粉は、当時から変わらない味を楽しめます。なかなか見かける機会が少ないポカリ缶ですが、目にした際はぜひ飲み比べてみたいものです。

缶とボトルで味が違う?→ポカリ公式「事実です」 飲み比べると楽しそうな発見に驚きの声が殺到 発売当時の缶はこんなデザインでした
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響