ニュース
» 2021年08月06日 20時00分 公開

もし「恋心」が目で見て触れられるものだったら? 傷んだ心や割れた心……さまざまな恋を巡る4コマ漫画に共感の嵐(1/2 ページ)

形があっても難しいね。

[瀬山野まり,ねとらぼ]

 もし「恋心」に形があったら? そんな少し不思議な恋心を巡る4コマ漫画がTwitterに投稿され共感の声が集まっています。

「恋心に形があったら」 傷んできてしまった恋心

 漫画の作者はイラストレーターの黄身子(@mososetsunight)さん。今回の作品は「恋心に形があったら」シリーズの2作目。1作目も、多くの人々の共感を呼び話題になりました。

 4コマ漫画はそれぞれ独立したお話。恋心が目に見える「形」となって、複数の女性の恋愛を描写します。

「恋心に形があったら」 「チルド」

 「チルド」は、冷蔵庫に入っている傷み始めた恋心のお話。ウサギのキャラクターが「もうだめになってきてるよ」と、持ち主の女性に教えます。しかし女性はそっと冷蔵庫を閉めて「だめになるまで待ってるの」と独りごちます。大切に、傷みを遅らせるようにチルドに入れておいても傷んでしまった恋心。それでも捨てることができません。

「恋心に形があったら」 「カーテン」

 「カーテン」は愛されたい女性が主役。愛されたいと嘆く女性に、ウサギはポストに届いていたハート型の恋心を持ってきてくれます。足下に落ちていたものも拾ってきてくれました。しかし女性は全て「ちょっとちがうな」「これはいらないな」と拒否。そして「愛されたいなー」と再びつぶやきました。受け取った恋心はカーテンで隠して見えないようにして……。

「恋心に形があったら」 「サーチ」

 「サーチ」はたくさんの恋心をもらって嬉しそうな女性のお話。いくつもの恋心を抱えて幸せそうです。しかし袋いっぱいの恋心の中に、一つ割れているものを見つけてしまいました。途端に不安になって泣いてしまう女性。きれいな恋心に囲まれながらも、割れた恋心しか目に入らず嘆きます。少し探せばたくさんの愛が見つかるのに。

「恋心に形があったら」 「ミス」

 最後は「ミス」。パートナーからの恋心を見ながら「なんか軽い気がする」と言う女性。もしかして、心の中身は空っぽ、もしくは真っ黒かも……考え始めると止まりません。どんどん不安になる女性は、恋心を疑いながら見ているうちに、うっかり落としてしまいます。そして恋心は割れてしまいました。「不安がる必要なんてなかったのに」。そう思いながら見る先の恋心は、しっかりと中身が詰まっていました。

 リプライや引用リツイートではそれぞれのエピソードに「すごいわかります」「感慨深い」「あるある」と多くの共感の声が集まりました。見えないからこそ難しいことも多い恋心。しかし見えて形になったとしても容易く扱えるものではありませんね。

 黄身子さんのTwitterアカウント(@mososetsunight)やInstagramアカウント(@mososetsunight)では、女性の恋愛を丁寧に描写した漫画やイラストが多数公開されています。また、イラストのLINEスタンプグッズも販売中です。

画像提供:黄身子さん(@mososetsunight)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」