ニュース
» 2021年08月09日 12時00分 公開

「180センチは超小柄」「選手とオタクがロビーで遭遇」 バレーボール沼あるある漫画に沼の住人から同意の声多数(1/2 ページ)

どのジャンルも沼は楽しそうですね!

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 バレーボール沼にハマっている作者が描いたバレーボールオタク目線の漫画に、バレー沼の住人から「あるある」の声が多数届いています。作者はVリーグ開幕を心待ちにしているTOYAMA(@TOYAMA_V19)さん。

 主人公のさっちゃんはバレーオタク歴3年目。一眼レフに「バズーカ」と呼ばれる超望遠レンズを装備して試合に通っています。スポーツ観戦に行くとたまにすごいレンズ持ってる一般客いますね。そしてそんな高性能カメラで推しの一挙手一投足に連写が止まらず、すぐにメモリーカードがいっぱいになってしまいます。

バレーボール Vリーグ 一眼レフの設定すごそう

 漫画にはバレーボール沼だからこそ味わえる特殊な「あるある」も。小さい試合会場では、オタクと選手がすれ違う問題が発生し、そのたびにオタクは話しかけずに、ソワソワしながらも知らないフリをしているそうです。推しを見守る壁ですね、分かります。

バレーボール Vリーグ 試合前の選手の邪魔をしてはならぬという、強い意思を感じます

 また、高身長な選手が多いスポーツゆえ、180センチの選手でさえ超小柄に見えてしまう脳内バグが発生することや、「実家より落ち着く○○体育館」発言など、その界隈では当たり前のようなオタク話が展開されています。バレー沼、楽しそうですね!

バレーボール Vリーグ 193cmが小柄……?

 漫画には作者同様にバレー沼にハマっている読者から「これ絶対自分のことって思ってるバレオタの数を知りたい」「V2以下は選手がチーム受付してる時あるからビビる」「バレー慣れしちゃうと身長感覚狂うの分かりすぎる」などの、深く同意するコメントが届いています。

 バレーオタク漫画「ばれ★ぬま」は、TOYAMAさんのTwitterで不定期連載中。オリンピック期間中は番外編として、オリンピック観戦漫画が描かれています。

作品提供:TOYAMA(@TOYAMA_V19)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」