ニュース
» 2021年08月10日 07時30分 公開

自分でおもちゃを壊したのに「ママが壊した」 泣く子どもを“怒らずに見守る”母親の漫画に驚きと称賛(1/2 ページ)

子どもが自分から非を認めるまで見守る優しさに「自分もこうなりたい」。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 時に理不尽に思える子どもの言い分。叱りつけるのではなく、自分で葛藤を乗り越えるまで見守った母親を描いた漫画に大きな反響がありました。作者は3歳の息子あごちゃんを育てるリコ(@fuddyxxduddy30)さん。

壊れたおもちゃ お気に入りのおもちゃを壊してしまったあごちゃん(3歳)
漫画をまとめて読む

 ある日、おもちゃの戦車を壊してしまったあごちゃん。もう直せる状態ではありませんでしたが、「直して! ママ壊した」と泣きます。「壊したのはあごちゃんでしょ。人のせいにしてはいけないよ」とリコさんは冷静に諭します。「壊したのは誰?」と問いかけると、自分が壊したことを認めたのでした。

壊れたおもちゃ 壊したのは自分だとは認めたものの、気持ちが収まりません

 「壊した 壊した」と転がり、声をあげて泣き、あごちゃんはおもちゃを捨てると言いだします。自分でお気に入りのおもちゃを壊し、元に戻らないことが受け入れられない。だから、誰かのせいにしたい。直らないなら捨ててしまいたい。

壊れたおもちゃ 静かにあごちゃんの気持ちに寄り添うリコさん

 リコさんはあごちゃんの気持ちを受け止めつつも、静かに見守ります。泣き続けるあごちゃんでしたが、1時間後には落ち着き、自分から「捨てちゃった? ごめんなさい」と言えました。

 失敗を母親のせいにして泣くあごちゃんに、怒らず向き合えたことについて「すごい」という声が多数寄せられていました。自分の子どもが同じことをしたら怒ってしまいそうというコメントが多く、「こうやって優しく向き合えるようになりたい」という人も。

 また、「自分の気持ちに折り合いつけるのは大人でも難しい」「ごめんなさいが言えたの偉い」と、泣きはしたものの最後には自分がやったことを認め、反省できたあごちゃんについての意見もありました。

 あごちゃんが謝ることができたのは、リコさんが冷静に見守ったから、という声も。「待つ」というのは子どもの成長させることにもなるけれど、現実にはなかなか難しく、多くの家庭に苦労があるようです。

 おもちゃの戦車は主砲がなくなるなど、たびたび壊れることがあり、主砲を爪楊枝にすることで元の姿に近づけるといったメンテナンスしてあげているようです。リコさんはあごちゃんを育てながら感じたことや日常のできごとを、柔らかなタッチの漫画に描き、Twitterに投稿しています。

作品提供:リコ 3y(@fuddyxxduddy30)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」