ニュース
» 2021年08月10日 12時00分 公開

ワクチン接種でアナフィラキシー 体験談をユーモア交えて描いた漫画が反響呼ぶ(1/2 ページ)

垣間見える医学系の人の職業病。

[ねとらぼ]

 COVID-19(新型コロナウイルス)のワクチン接種でアナフィラキシー反応が出た人の体験談を描いた漫画が反響を呼んでいます。医学系の人のプロ意識がすごい。

エマージェンシーな事態に、マウスに思いをはせる
漫画をまとめて読む

 作者の高田ゆうき(@yuhkitakada)さんの友人Mさんが職域接種で2回目のワクチンを打ったときのこと。経過観察を終えて仕事に戻ろうとしたところ、嘔吐感、息苦しさ、血圧低下、意識低下が起こります。Mさんいわく「厚生労働省HP通りの役満」(参考リンク)。

 大変な状況ではありますが、Mさんの職域は大学の医学科。「アナ1名入りまーす」と普通の職域接種とはノリが違います。アナフィラキシー反応が出たと聞いて、わらわら集まってくる医師たち。それを見たMさんは、「きれいなデータになりたい」「いい症例となれ! わたし!」……プロ意識すごすぎる!

 その後ICU(集中治療室)で1泊したMさん。容態は落ち着き、Twitterしたり、写真を撮ったりできたそうです。パルスオキシメーターをつけた指が痛くても、「外したらいいデータがとれないと思って」と別の指に換えてもらうことはしなかったとか。検体としての意識が高い。

 大変な状況をユーモラスに描いた漫画には、「笑っちゃいけないのに笑える」「ワクチンのアナフィラキシー反応がどんなものなのかがわかる貴重な情報でありながら、怖さを笑いが吹き飛ばすのすごい」と好評。また、「このレポのお陰で、アナ出た時のイメージ出来た」と安心できたという声や、「同じく一晩入院ですみました」と同様の経験をした人のコメント、さらには同業者と思われる人からの共感の声もみられました。

 なお「ICUってきいたときはどうなることかと」と心配していた高田さんに、Mさんは「きっとICUしか空いてなかったんだと思うんですよね」……かわいらしい絵とユーモラスな描写に和んだあとで、病床の逼迫をうかがわせる会話に現実に引き戻されるのでした。感染対策、気をつけなきゃ……。

 作者の高田さんは『幸村くんは今日も』などで知られる漫画家。他にもワクチン副反応に備えた籠城戦を描いた漫画などを公開しています。

作品提供:高田ゆうき(@yuhkitakada)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  2. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  7. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声