ニュース
» 2021年08月12日 12時00分 公開

着物と出会って「常識」の苦しみから解放された 生き方が変わるきっかけを描いた着物愛好家の体験談漫画に共感の声(1/2 ページ)

着物を身につけることで感じた、今とは違う「常識」を持った社会。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 着物との出会いで視野が広がった――着物のコーディネートの投稿や、レンタル着物店・着付け教室などで着物の魅力を発信しているりめいく屋キャンディ(@8Candy9)さんが、なぜ着物を広めようと思ったのかを振り返り、漫画に描いています。

着物理由 自分の意見を言えず、自分を認められなかったのが着物と出会って変わった
漫画をまとめて読む

 「着物を広めたい」と言うと、たびたび「どうして」と聞かれるというキャンディさん。着物を広めたいと思った本質的な理由について思いをめぐらすうちに、着物との出会いを思い出しました。

 キャンディさんは、かつて自分の意見が言えない内気な子どもでした。また、はやりものが好きになれず、周りが当たり前と思っていることを苦しく感じていました。

着物と出会って実感する、違う「常識」

 そんなとき、着付けを習い始めたキャンディさん。洋服と全く異なる着方や着心地に触れ、和服が当たり前だった時代には今とは違う常識の社会があったのだと実感します。常識も世の中も変わる、「今あるこの世界が全てじゃない」――と目の前がひらけたような気持ちになりました。

常識は変わると知って、目の前が拓けた

 着物で街を歩くのはまだ少数派ですが、ほめてくれる人もいます。そんな時は、人と違っていい、自分の思う通り生きても大丈夫だと感じられたといいます。

 キャンディさんにとって、着物は視野を広げ、自分を肯定するきっかけだったのです。着物を通して「こんな選択肢もあるよ」「自分を否定しなくても大丈夫だよ」と伝えていきたいと考えるキャンディさんでした。

 漫画には着物を愛する人から多くの共感が寄せられていました。キャンディさんのほかにも、着物を着ることで自分らしく生きてもいいと思えたり、自信を持てるようになったりと、前向きな気持ちになれる人がたくさんいるようです。「着物を通して、生き方を学んだんだなぁ」というキャンディさんの言葉に、「素敵な考え」というコメントも寄せられました。

 キャンディさんはTwitterのほか、Instagramでも、写真でおしゃれな着物の着こなしなどを発信しています。

作品提供:りめいく屋キャンディ(TwitterInstagram)さん

(谷町邦子 FacebookTwitter

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」