ニュース
» 2021年08月12日 22時00分 公開

【漫画】「号泣しました」「胸が張り裂けそう」 死を覚悟した老猫と優しい飼い主のお互いを大切に思う気持ちに涙が止まらない(1/3 ページ)

あなたが“ひとり”にならないように。

[かのん,ねとらぼ]

 元野良の老猫と、飼い主の女性の絆を描いた心あたたまる漫画がTwitterに投稿され、その優しい世界が話題となっています。

漫画をまとめて読む

 “ずっとひとりだったから、ひとりきりの最期も悪くないのう”……屋外で倒れて最期の時を迎えようとしている野良の老猫。目の前が暗くなり……ふと目を覚ますと、そこは動物病院。

猫 15歳の老猫
猫 気付けば動物病院に

 どうやら若い女性が助けて連れてきてくれたようです。さらにユウコと名乗った女性は、老猫に「ヨル」という名前を付け、一緒に暮らすことに。

猫 ユウコちゃんと暮らすことに

 “もうすぐお迎えが来るこんな老猫を拾うなんて変わった子じゃなぁ”とおもいつつ、毎日帰宅するとヨルに向かって会社の愚痴や、ケーキが売り切れていたと愚痴をこぼす騒がしいユウコちゃんとの暮らしは、悪いものではなかったようです。

猫 1人はイヤだとこぼすユウコちゃんに
猫 寄り添うヨル

 お年頃ということもあり、熱心に婚活をするも連敗を続けるユウコちゃんは、「私はいつまでも1人なのかな」と不安を吐露します。その姿を見たヨルは「生きてるうちはみんなひとりぼっち、だけど誰か1人でも大切にしたい人がいたら、それだけで上等なもんじゃ」と心で語り掛け、ユウコちゃんに寄り添います。

猫 婚活が実ったユウコちゃん
猫 彼氏を家に連れてくるも
猫 猫が苦手だったのです

 そんな生活が続いたある日、ユウコちゃんに彼氏ができ、幸せそうな姿にヨルも少しほっとした顔を見せます。そして彼氏が家に遊びに来たのですが……彼は猫が苦手ということが分かってしまいました。ヨルはその様子を見てある決意をし、家を出てしまいます。

猫 そしてヨルは……

 なぜヨルは家を出たのか、それからどうなったのか、そしてヨルがいなくなったことに気付いたユウコちゃんは……。“ひとりぼっち”同士だった1人と1匹が、ともに暮らすことで得た絆の深さやあたたかさやを感じることができる結末は、ぜひ漫画でご覧ください。

 この投稿には「めっちゃ泣きました」「全部読み終わる前からもう涙腺崩壊しました」「この作品を読んでより一層強く生きようと活力が湧きました!!」などの感動を伝えるコメントや、自身の猫に重ねて涙したというコメントが寄せられていました。

 作者の伊達しのぶさんは、Twitter(@date_shinobu)pixivで創作漫画を公開しています。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響