ニュース
» 2021年08月14日 09時00分 公開

【漫画】内向的だった小学生が「ポケットビスケッツ」と出会って人生変わった話(1/2 ページ)

大好きな存在は人生を変える!

[林美由紀,ねとらぼ]

 小学生のころ、周りに流されやすかった作者が、「ポケットビスケッツ」に出会って自分を変えることができたというエッセイ漫画がグッときます。

ポケビになりたい小学生01 人に流されやすかった女の子がポケビに出会って変わったお話
漫画をまとめて読む

 当時は人見知りで、自分の意見を堂々と言えず、男子ともうまく話すことができなかったというもしこぴ(@moshikopi)さん。そのため、友達と会話をしていても、「ああ、また流されちゃった……」と思う場面が多かったのだそうです。そんなある日、テレビに映る「ポケットビスケッツ」と運命的な出会いをします。

ポケビになりたい小学生
ポケビになりたい小学生
ポケビになりたい小学生
ポケビになりたい小学生
ポケビになりたい小学生

 ポケットビスケッツは、当時の人気バラエティ番組「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」内で生まれた音楽ユニットで、メンバーはタレントの千秋さん、ウッチャンナンチャンの内村光良さん、キャイ〜ンのウド鈴木さんの3人。奇抜な衣装と自分を強く肯定する歌詞が印象的で、当時大人気でした。

ポケビになりたい小学生

 ポケビを見たもしこぴさんは、そのカッコよさに衝撃を受け「決めた… 私、ポケビになる!」と、ポケビ化計画を始めることに。

 具体的には「好きな服を着る」や、「男子に話しかけられても堂々と返事をする」といった内容。それまで「ぶりっ子っぽいかな」と遠慮していたお気に入りの服を着てみたり、男子のつまらないギャグに頑張ってツッコミを入れる、といった具合です。

ポケビになりたい小学生
ポケビになりたい小学生
ポケビになりたい小学生

 それまでは人に嫌われることが気になり、思うように振る舞えなかったもしこぴさんですが、気持ちが負けてしまいそうなときでも「こんなときポケビならどうする?」と考えることで、どんどん変わっていけたといいます。

 すっかり積極的になれたもしこぴさんは、いつしかダンスまで習うようになり、ついには全校児童の前で演目を披露するまでに。なお、その際に踊ったのは――

ポケビになりたい小学生
ポケビになりたい小学生
ポケビになりたい小学生

 「全力の“ブラックビスケッツ”!」……。踊りやすさを考慮し、選曲こそポケビのライバルユニットであるブラビでしたが、きっとポケビも前向きになれたもしこぴさんを祝福してくれたはず……!

ポケビになりたい小学生

 身近な人、有名な人にかかわらず、憧れの人や好きな人ができるとその存在を思うだけで、パワーが出たり、人生が変わったりするもの。ポケビの存在が懐かしいだけでなく、改めて「好き」という気持ちから生まれる無限の可能性を感じます。

 読者からは「可愛いし全てわかるし未だにカラオケで歌うわ!」「オチに出てきたブラビと署名まですべてが懐かしくて震えました」「ポケビめっちゃ懐かしい」と当時を懐かしむコメントや、もしこぴさんの次回作を楽しみにしているといったコメントが寄せられています。

 今回「ポケビ」のお話が公開されたもしこぴ(@moshikopi)さんの「平成めもりある」は、90〜00年代の世相に影響を受けまくっていた子ども時代を懐かしむシリーズで、これからも不定期で更新されていくそうですよ。懐かしいお話がたくさん出てきそうですね!

作品提供:もしこぴ(@moshikopi)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」