ニュース
» 2021年08月14日 11時30分 公開

子どもの宿題を見た父「めっちゃ疲れた…」→母「私ね、それ毎日」 子どもに集中力を保たせる難しさを描いた漫画に「ウチも全く一緒」の声(1/2 ページ)

子どもに集中力を保たせるのは至難の技。

[瀬山野まり,ねとらぼ]

 子どもの宿題を見る大変さを初めて知った夫を描いた漫画がInstagramに投稿され共感を呼んでいます。子どもは気になることがいっぱい!

「夫が知らない真実」 「夫が知らない真実」

 漫画の作者はねこざめ(@musukosodate)さん。8歳の長男しろわにくんと、2歳の次男つまぐろくんのお母さん。

 しろわにくんは小学2年生。小学校の宿題はもちろんありますが後回しにしがちです。金曜日の夜、「今週はすごく疲れたから宿題は明日やろっかなー」と言うしろわにくん。ねこざめさんの「毎週疲れとるやないかい!」という鋭い突っ込みが入ります。

「夫が知らない真実」 後回しにしがちあるある
「夫が知らない真実」 夫に任せることに

 いつも宿題見てあげているねこざめさん。「今日やっとけば明日いっぱい遊べるのに…」と思いますが、ねこざめさん自身も毎日宿題を見てあげることにお疲れ気味です。そこで、ねこざめさんは夫に宿題を見てもらうことに決めました。

 もともと「小学生になったらしろわにの勉強見るよ!」と言っていた夫。しかし、タイミングが合わずねこざめさんが見ていることが多く「たまにはいいだろう」と考えたのです。

「夫が知らない真実」 そしてやってきた土曜日
「夫が知らない真実」 約2時間かけて終わったようです

 そして土曜日。しろわにくんは夫のお部屋で2人でお勉強タイムです。しかし、開始から早2時間……小学生の宿題に2時間とはずいぶん長丁場です。そして、やっと部屋から出てきたと思ったら、夫はげっそりとしながら「めっちゃ疲れた…」。一体2人に何があったのでしょうか。

「夫が知らない真実」 すぐに意識が離れてしまうしろわにくん

 部屋では、しろわにくんが宿題をしている横で仕事をしていた夫。しかし、すこし目を離すとしろわにくんの意識はどこかへ行ってしまいます。「早くやれ」と声かけしても宿題は全然進まず、結局2時間という長時間になってしまったそうです。

「夫が知らない真実」 宿題は毎日あるものなので……

 それを聞いたねこざめさんは、「私ね、それ毎日」とにっこりと伝えます。それを聞いた夫は「すごいね」と素直に賞賛を送るのでした。簡単そうに見えることでも、実践してはじめて実は簡単なものではないことが分かることも。その大変さや苦労を分かってもらえると嬉しいですよね。

 なお、ねこざめさんによると、しろわにくんの宿題は横に張り付いてずっと見ていないと終わらないとのこと。宿題を見るというよりは「ほぼ監視」。しかし、ずっと見てさえいえれば30分程度で終わるそうです。一緒に作業をして2時間かかるよりは、30分集中して見ていた方が効率が良さそうです。これもやってみないと分からない事実……!

「夫が知らない真実」 ほぼ監視が正解のようです

 子どものころは何かと気が散りがち。同じように苦労をしている親御さんも多くいるようです。コメント欄では「ウチも全く一緒」「めちゃくちゃ共感」「私もそうでした」など、共感の声が集まっていました。

 ねこざめさんのInstagramアカウント(@musukosodate)やTwitterアカウント(@nekozame52)、そしてブログ「むすこそだて」では、しろわにくんとつまぐろくん、そしてねこざめさん夫婦4人のほほえましいエピソードを描いた漫画が数多く紹介されています。

画像提供:ねこざめさん(@musukosodate)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響