ニュース
» 2021年08月15日 17時50分 公開

ロジャー・フェデラー、卓球でも神がかった才能を見せる イズナー「フォレスト・ガンプも史上最高のアスリートにはかなわない」

元気な姿に全米オープン出場を期待する声も。

[城川まちね,ねとらぼ]

 8月14日(現地時間)、スイスのテニスプレイヤー、ロジャー・フェデラーが自身のSNSに高速で卓球の壁打ちをする動画を投稿しました。“史上最高のテニスプレイヤー”と呼ばれることも多いフェデラーが、全力で卓球をする様子がファンを喜ばせています。

ロジャー・フェデラー 卓球 卓球もすごかった(画像はロジャー・フェデラーのInstagramから)

 「戻ってきちゃうね。友人たちと卓球をしています」と爆笑の顔文字付きコメントを添えた動画を投稿したフェデラー。実際のところはネットの後ろに立てた板へ夢中になって球を打ち続けており、「友人たちはどこなんだよ、ロジャー」とコメント欄でツッコミを受けていました。

 高速で壁打ちを続け、取りこぼしそうになった球も拾い上げて打ってしまうフェデラーと板の延々続くラリー。「全仏で(ラファエル・)ナダルと試合する感じだね」と、クレー王者との試合を思い出させるというコメントにはたくさんの「いいね」が付いており、「ウィンブルドンでフェデラーと試合するのと同じだね」と返信するファンもみられました。

ロジャー・フェデラー 卓球 フォレスト・ガンプ 壁打ちから世界大会まで出場してしまうフォレスト・ガンプ(画像は『フォレスト・ガンプ/一期一会』のInstagramから)

 このフェデラーの壁打ちが1994年公開の映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』を思い出させるとの声も多く、米男子テニスプレイヤーのジョン・イズナ―は「フォレスト・ガンプも史上最高のアスリートにはかなわないな」とコメント。同作では主人公が病院でたまたま始めた卓球に天才的な才能を発揮し、とうとう世界大会にまで出場してしまうというシーンがあります。

 ただし映画の神業的な壁打ちは球だけCGであったのに対し、フェデラーは正真正銘生身での壁打ち。2017年に引退したスロバキアの元女子テニスプレイヤー、ダニエラ・ハンチュコバは「また別の鉄人パフォーマンスをするときが来たってこと?」と爆笑の絵文字を付けてコメント。さらにオリンピックへ過去6度出場したブラジルの元卓球選手で現在は指導者を務める日系三世の小山ウーゴも「何でもトップクラスだよね!」と褒めたたえています。

ロジャー・フェデラー 卓球 過去4回オリンピックに出場し、2回旗手を務めたフェデラー。画像は北京オリンピック(画像はロジャー・フェデラーのInstagramから)

  

 “芝の王者”と呼ばれるフェデラーは、2021年のウィンブルドン選手権においてベスト8という結果に。7月14日には、ウィンブルドンで膝の痛みを抱えており、東京オリンピックの出場を断念する旨をSNSで報告しており、「スイス代表として出場することは毎回、私の誇りでありキャリアのハイライトであったのでとてもがっかりしています」と残念な気持ちをつづっていました。

 東京五輪辞退の時点で、すでに治療に入っていたフェデラー。夏の間のリハビリを経て、8月30日に始まる全米オープンへ備えるとのことです。こうした事情を踏まえて、見事な卓球の腕前を見せた動画に「全米オープンであなたがプレイできますように」など今後の活躍を期待するコメントも見られました。

 8日に40歳の誕生日を迎えたフェデラーは、テニス界だけではなく各方面からいまだ絶大な人気を誇っています。膝の心配をしているファンも多いなか、今回のようなファンサービスで安心させてくれる人柄も“王者”の魅力ではないでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響