ニュース
» 2021年08月16日 20時00分 公開

【漫画】1歳娘が誤飲したのは一見無害な小さなものだった…… ペットボトルフィルムを誤飲させてしまった話がもしもの時の参考になる(1/2 ページ)

子どもにとって危険なのは、たばこやボタン電池、薬だけじゃない。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 食べ物以外のものを飲み込んでしまう誤飲(ごいん)。子どもがたばこやボタン電池、大人の薬などを飲みこんでしまう事例が多いようですが、思わぬものを誤飲してしまった体験を描いた漫画がためになります。

子どもの誤飲 娘が飲み込んだあるものとは……
漫画をまとめて読む

 漫画の作者はのんまる(@nonmaru915)さん。漫画は、のんまるさんが腹痛に苦しんでいたある日の出来事を描いたもの。「私の不注意で娘に苦しい思いをさせたお話です」という前置きから始まります。

子どもの誤飲 すごくトイレに行きたい……そんな母の気持ちに気づくはずもなく

 お母さんの腹痛はお構いなしに、遊んでもらいたがる娘のしーちゃん。のんまるさんはオムツを替え、お気に入りのおもちゃを目の前に置き、好きなテレビ番組を流して、トイレに行くことにしましたがしーちゃんが静かなことに不安を覚え、すぐにリビングへ戻ってきました。目を離していた時間はわずか5分です。

子どもの誤飲 寂しかったから泣いていたのかと思いきや、なんだか様子が変

 しーちゃんは寂しかったのか、のんまるさんの顔を見て突然泣き出しました。しかし、いつもより声が出ておらず、なんだか苦しそうです。何かを飲み込んでしまったようで、しーちゃんの顔はどんどん赤くなっていきます。

 慌ててスマートフォンを手に取ったのんまるさんですが、どのように対応すれば良いのか不安にとらわれ、すぐに救急車を呼ぶという判断もできませんでした。なお、とっさの判断に迷ったら、子ども医療電話相談事業(♯8000)や、たばこや洗剤、電池など化学物質を誤飲した場合は中毒110番で指示を仰ぐのも方法のひとつです。

 のんまるさんがしーちゃんの口の中をのぞいてみても、飲み込んだものが何かはわかりません。実は、除光液など揮発性のもの、ボタン電池、尖っているもの、カビ取りスプレーや漂白剤など強い酸・アルカリのものを飲み込んだ場合は、無理やり吐かせると危険です。しかし、当時ののんまるさんにはその知識がなく、自力で吐かせようとしてしまいました。

子どもの誤飲 救急車を呼んでも、到着まで背部叩打法などで異物除去をする必要がある場合も。誤飲を含め窒息から命を守る救命講習は日本赤十字や消防署で受けられます

 のんまるさんは、前傾姿勢にさせ、アゴを固定し、肩甲骨の間を強めに叩く背部叩打法(はいぶこうだほう)を実践。しーちゃんの背中を叩くのんまるさんは、自分の過信のせいで苦しい思いをさせていることへの申し訳なさでいっぱいになります。

子どもの誤飲 後ほどのんまるさんが調べたところ、ペットボトルのラベルの誤飲は多いそうです

 ついに、食べたものと一緒に誤飲したものを吐き出したしーちゃん。出てきたものは、なんと、ペットボトルのラベルの小さな切れ端でした。トイレに行っている間に、嚙みちぎって飲み込んでしまったようです、薬品を高いところに置いたり、小さい物を棚にしまっておいたりと、誤飲対策ができていると思っていたのんまるさんはショックを受けます。そして、もっと長く目を離していたら……と思い、ぞっとするのでした。

 「大人でも噛みちぎるのが大変そうなラベルを 生えてきたばかりの4本の歯で? 嘘でしょ?」と思ったというのんまるさん。大人にとっては無害なものでも、子どもにとっては少しの量を誤飲しただけで大変なことになることがよくわかるエピソードでした。

子どもの誤飲 侮れない子どもの知恵と好奇心

 この事故から、「誤飲をしたときの対応も大切だけど、まず予防が大事」だと学んだのんまるさん。子どもは一瞬の隙に予想外の行動に出ることがあります。片時も離さず子どもを見ているのは不可能だからこそ、あらかじめ危険の芽をつみとっておくのが大事ですね。

子どもの誤飲 「大丈夫」という過信は大敵

 このほかにものんまるさんは、小さな子どもがが何か口に入れていても、大きな声を出すと驚いて飲み込んでしまうのこと、喉の奥にあるものを出すために指を無理やり突っ込むと気道を塞ぐ恐れがあることなどを漫画で解説しています。

 子育て中の人から大きな反響があったこの作品。子どもがペットボトルのラベルを飲み込んだいうコメントも複数あり、珍しくない事例だということがわかります。

 また、「こんな小さなものまで誤飲の対象になるなんて」「一層気をつけよう」「この漫画を読んでペットボトルのラベルは剥がしておくなどの対策ができた」という声が寄せられおり、漫画が注意喚起になっていることがうかがわれました。

 のんまるさんは2歳の娘、しーちゃんを育てながら、イラストや子育て漫画といった作品をSNSで公開しています。

作品提供:のんまる@2y育児漫画(@nonmaru915)さん

(谷町邦子 FacebookTwitter

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/19/news008.jpg 猫「絶対許さニャい……(怒)」 お尻を洗われたことを根に持つ猫の表情に「めっちゃ怒ってる」「猫の執念ですね…」の声
  2. /nl/articles/2109/19/news020.jpg 保護された野良の老犬、最初は怯えていたが…… 飼い主に子犬のように甘える姿に涙があふれる
  3. /nl/articles/2109/19/news033.jpg DAIGOと姉の影木栄貴、大おじ・竹下亘衆院議員の死を悼む 「たくさん遊んでくれる大好きなおじちゃんでした」
  4. /nl/articles/2109/19/news042.jpg 「大変なことになってる」「何があったの」 アレクサンダー、身動き取れない“痛々しい姿”に心配の声
  5. /nl/articles/2109/18/news007.jpg 「1カ月だけ死ぬのを延ばしてくれねーか?」 首吊り少女の前に現れた“自殺を止める死神”の漫画があたたかい
  6. /nl/articles/2109/19/news041.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「一連の流れで爆笑した」「エンターテイナー」
  7. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  8. /nl/articles/2109/18/news004.jpg ぬいぐるみを抱きしめて眠る子猫 “ぎゅっ”とする姿がたまらなくかわいい
  9. /nl/articles/2109/18/news052.jpg 「かなりヤバい」 ROLAND、イタリアンレストラン開店初日から「料理1時間待ち」「オーダーミス」など“アクシデント連発”に焦り隠せず
  10. /nl/articles/2109/18/news053.jpg アニメ界に衝撃を与えたクソアニメ「ポプテピピック」まさかの再放送決定 TOKYO MXなどで10月から

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」