ニュース
» 2021年08月16日 20時00分 公開

【漫画】1歳娘が誤飲したのは一見無害な小さなものだった…… ペットボトルフィルムを誤飲させてしまった話がもしもの時の参考になる(1/2 ページ)

子どもにとって危険なのは、たばこやボタン電池、薬だけじゃない。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 食べ物以外のものを飲み込んでしまう誤飲(ごいん)。子どもがたばこやボタン電池、大人の薬などを飲みこんでしまう事例が多いようですが、思わぬものを誤飲してしまった体験を描いた漫画がためになります。

子どもの誤飲 娘が飲み込んだあるものとは……
漫画をまとめて読む

 漫画の作者はのんまる(@nonmaru915)さん。漫画は、のんまるさんが腹痛に苦しんでいたある日の出来事を描いたもの。「私の不注意で娘に苦しい思いをさせたお話です」という前置きから始まります。

子どもの誤飲 すごくトイレに行きたい……そんな母の気持ちに気づくはずもなく

 お母さんの腹痛はお構いなしに、遊んでもらいたがる娘のしーちゃん。のんまるさんはオムツを替え、お気に入りのおもちゃを目の前に置き、好きなテレビ番組を流して、トイレに行くことにしましたがしーちゃんが静かなことに不安を覚え、すぐにリビングへ戻ってきました。目を離していた時間はわずか5分です。

子どもの誤飲 寂しかったから泣いていたのかと思いきや、なんだか様子が変

 しーちゃんは寂しかったのか、のんまるさんの顔を見て突然泣き出しました。しかし、いつもより声が出ておらず、なんだか苦しそうです。何かを飲み込んでしまったようで、しーちゃんの顔はどんどん赤くなっていきます。

 慌ててスマートフォンを手に取ったのんまるさんですが、どのように対応すれば良いのか不安にとらわれ、すぐに救急車を呼ぶという判断もできませんでした。なお、とっさの判断に迷ったら、子ども医療電話相談事業(♯8000)や、たばこや洗剤、電池など化学物質を誤飲した場合は中毒110番で指示を仰ぐのも方法のひとつです。

 のんまるさんがしーちゃんの口の中をのぞいてみても、飲み込んだものが何かはわかりません。実は、除光液など揮発性のもの、ボタン電池、尖っているもの、カビ取りスプレーや漂白剤など強い酸・アルカリのものを飲み込んだ場合は、無理やり吐かせると危険です。しかし、当時ののんまるさんにはその知識がなく、自力で吐かせようとしてしまいました。

子どもの誤飲 救急車を呼んでも、到着まで背部叩打法などで異物除去をする必要がある場合も。誤飲を含め窒息から命を守る救命講習は日本赤十字や消防署で受けられます

 のんまるさんは、前傾姿勢にさせ、アゴを固定し、肩甲骨の間を強めに叩く背部叩打法(はいぶこうだほう)を実践。しーちゃんの背中を叩くのんまるさんは、自分の過信のせいで苦しい思いをさせていることへの申し訳なさでいっぱいになります。

子どもの誤飲 後ほどのんまるさんが調べたところ、ペットボトルのラベルの誤飲は多いそうです

 ついに、食べたものと一緒に誤飲したものを吐き出したしーちゃん。出てきたものは、なんと、ペットボトルのラベルの小さな切れ端でした。トイレに行っている間に、嚙みちぎって飲み込んでしまったようです、薬品を高いところに置いたり、小さい物を棚にしまっておいたりと、誤飲対策ができていると思っていたのんまるさんはショックを受けます。そして、もっと長く目を離していたら……と思い、ぞっとするのでした。

 「大人でも噛みちぎるのが大変そうなラベルを 生えてきたばかりの4本の歯で? 嘘でしょ?」と思ったというのんまるさん。大人にとっては無害なものでも、子どもにとっては少しの量を誤飲しただけで大変なことになることがよくわかるエピソードでした。

子どもの誤飲 侮れない子どもの知恵と好奇心

 この事故から、「誤飲をしたときの対応も大切だけど、まず予防が大事」だと学んだのんまるさん。子どもは一瞬の隙に予想外の行動に出ることがあります。片時も離さず子どもを見ているのは不可能だからこそ、あらかじめ危険の芽をつみとっておくのが大事ですね。

子どもの誤飲 「大丈夫」という過信は大敵

 このほかにものんまるさんは、小さな子どもがが何か口に入れていても、大きな声を出すと驚いて飲み込んでしまうのこと、喉の奥にあるものを出すために指を無理やり突っ込むと気道を塞ぐ恐れがあることなどを漫画で解説しています。

 子育て中の人から大きな反響があったこの作品。子どもがペットボトルのラベルを飲み込んだいうコメントも複数あり、珍しくない事例だということがわかります。

 また、「こんな小さなものまで誤飲の対象になるなんて」「一層気をつけよう」「この漫画を読んでペットボトルのラベルは剥がしておくなどの対策ができた」という声が寄せられおり、漫画が注意喚起になっていることがうかがわれました。

 のんまるさんは2歳の娘、しーちゃんを育てながら、イラストや子育て漫画といった作品をSNSで公開しています。

作品提供:のんまる@2y育児漫画(@nonmaru915)さん

(谷町邦子 FacebookTwitter

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  9. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響