ニュース
» 2021年08月20日 08時30分 公開

「原作者がガチ弁護士」「敵がいきなり漫画村(っぽいやつ)」―― マンガワンでスタートした『弁護士亜蘭陸法は漫画家になりたい』にネットざわつく

漫画村裁判の当事者が原作を担当しております。

[しげる,ねとらぼ]

 マンガワンにて8月13日からスタートした『弁護士亜蘭陸法は漫画家になりたい』(原作:ゆうきまひろ/漫画:武村勇治)が、「原作者がガチの弁護士」「第1話の敵がいきなり漫画村(っぽいやつ)」という展開で、読者の度肝を抜いています。

『弁護士亜蘭陸法は漫画家になりたい』(原作:ゆうきまひろ/漫画:武村勇治)

 原作者のゆうきまひろさんの正体は、現役弁護士である中島博之さん。2018年には漫画村の運営者特定や裁判に関わり、最近ではファスト映画(映画の内容を短時間に編集し、権利者に無断でネット上に投稿された動画)に対する取り締まりにも参加しています。ねとらぼでも、これらの著作権侵害問題に関する記事を作成する際に、協力してもらいました。

 数々の著作権侵害に対して戦ってきた中島弁護士ですが、しかしあくまでその立場は代理人。それならば原作者として漫画の製作に携われば(著作権を持てば)、直接“当事者”として違法な海賊版サイトと対決できるのでは……。『弁護士亜蘭陸法は漫画家になりたい』は、そんな考えから生まれた作品とのこと。漫画原作者兼弁護士が違法サイトの運営者と直接対決する裁判、傍聴したすぎるな……。

 そんな『弁護士亜蘭陸法は漫画家になりたい』の主人公は、タイトルの通り亜蘭陸法(あらんりくのり)という青年。幼いころに読んだ漫画のおかげで大の漫画好きになった陸法は、漫画製作の現場に関わるべく、ベテラン漫画家の凄久盛雄の元でアシスタントとして働き始めます。が、その画力はなんともイマイチ……。凄久先生も周囲のアシスタントも、一向に絵が上手くならない陸法に頭を抱えます。

なんだかぼんやりしている主人公。大丈夫なの……?
画力の方も……う〜〜ん……

 そこに降って湧いたのが、先輩アシスタントの連載打ち切り。せっかく決まった連載でしたが、読者からの人気はあるのになぜか単行本1巻が全く売れず、2巻が売れなければ即終了に! 単行本売り上げ不振の原因となっていたのが、違法サイト「漫画谷」に作品をアップロードされたことでした。出た! 漫画村! 最悪!! 

出た! 漫画「谷」!!
出版社も手の打ちようがないという漫画谷……どうする?

 そこで立ち上がったのが、アシスタントとしてはからっきしな陸法。実は、彼の真の姿は弁護士だったのです。なんだかボンヤリしている陸法ですが、漫画文化自体にダメージを与える違法サイトには激怒! 弁護士としての手腕を駆使して戦うことを誓います。しかし、それって一体どうするの……?

実は弁護士だった陸法。いきなり頼もしくなったぞ!
サーバーを探しにいきなり渡米! どうなる2話!

 というところで1話はおしまい。2話では漫画谷の運営を特定するべく、サーバーが存在するアメリカへと陸法が飛びます。また、2話では漫画谷運営の想定外な極悪ぶりも発揮されております。

 マンガワンでは現在第3話まで公開されており(8月20日時点)、20日からは第2話がちょうど無料に(通常時は要課金)。現役弁護士による実録ドキュメント――のようなそうでもないようなこの漫画、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

引用:『弁護士亜蘭陸法は漫画家になりたい』より




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響