ニュース
» 2021年08月21日 20時00分 公開

「それナンボすんの?」「450万円です」 ハンバーグ師匠の「SLP号」お値段判明、さすがの高級車価格にびっくり(1/2 ページ)

おぉぉ〜SUGEEEお値段! そりゃ大切にするのも分かります。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 お笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤さんが8月3日、“ハンバーグ師匠”名義のYouTubeチャンネル「ハンバーグ師匠チャンネル」を更新。千原ジュニアさんと、愛車のハーレー「SLP(ソープランドピンク)号」で首都高ツーリングした様子を披露しました。

ハンバーグ師匠チャンネル ジュニアさんを誘ってバイクショップへ(ハンバーグ師匠チャンネルより)
【爆走】ジュニアさんとツーリングトーク!バイクショップへ!(YouTube/ハンバーグ師匠チャンネル)

 ハンバーグ師匠の愛車SLP号は、雨上がり決死隊・宮迫、チュートリアル・徳井、アンジャッシュ・渡部、さらば青春の光・東ブクロ、映画コメンテーター・有村昆……「それを揶揄(やゆ)した芸人・有名人が次々に謹慎になる」伝説ができてしまったバイク。前回、その発信源はこの人だった! と、「千原兄弟」の千原ジュニアさんと愛車をお祓い(関連記事)してもらい「もうこれで大丈夫」と一安心だったのでした。

 心機一転、気分が晴れたハンバーグ師匠は新しいバイクがもう1台欲しくなり「バイクを見に行きましょう」とジュニアさんを誘ってバイクショップへ。ジュニアさんの愛車「マッハ 750SS(H2)」と走り出しました。

ハンバーグ師匠チャンネル めちゃくちゃカッコいい2台でツーリング
ハンバーグ師匠チャンネル 首都高を快走!

 ツーリング中の話題はもちろんバイク。ハンバーグ師匠の愛車を眺めて「長距離も楽そうやね」とジュニアさん。どっしりスタイルのハーレーにまたがるハンバーグ師匠の姿もちょっぴりうらやましそう。

 ハンバーグ師匠も「3本出しのマフラーいいですね!」とジュニアさんの愛車は気になる様子。クールに「あ、そう?」と答えるジュニアさんですが、ヘルメットの中はニコニコ顔です

ハンバーグ師匠チャンネル ジュニアさんがド直球な質問

 そんなSLP号を見ながら「そうそう、それナンボすんの?」とジュニアさんがど直球な質問。「全部で450万円です」。おぉぉ……これまでハンバーグ師匠からも特に触れられてはいなかった、SLP号のお値段が判明しました。うほほーすごい価格!

 そう、ノッチさんによるとSLP(ソープランドピンク)号の色は別の名称があり、そもそも「ハーレーのコンセプトマシンで、世界でこれ1色しかない」「ハーレーが本気を出した」ガチなスペシャル仕様のマシンなのです。そりゃ大切にするわ……。そして、イジられて「芸人としておいしい方をとるか、バイク乗りのプライドをとるか」で揺れた複雑な気持ちだったのが少し分かった気がします。

(参考)井戸田さんの愛車!ハーレー大解剖!【ソープランドピンク】(YouTube/ノッチちゃんねる)

 ファンからも「2人のト―クおもしろかったです」「カッコいいですね」「ツーリング楽しそう」などのコメントが多く寄せられていました。

(カナブンさん)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」