ニュース
» 2021年08月22日 15時40分 公開

駄菓子「ビンラムネ」が復活! アニメ「だがしかし」でも話題になった粉末ラムネをストローで吸うお菓子(1/2 ページ)

待望の復活です。

[Kikka,ねとらぼ]

 製造休止中だった駄菓子の「ビンラムネ」が、製造販売を再開することが分かりました。

ビンラムネだ がしかし 駄菓子 製造が再開された駄菓子「ビンラムネ」

 「ビンラムネ」は、ビンの形をしたモナカの中に粉末のラムネが入っている――というお菓子で、モナカの底にストローを刺して、少しずつラムネを吸い出していくという楽しみ方が特徴。ラムネを味わった後には瓶状のモナカも食べることができます。

ビンラムネだ がしかし 駄菓子 ビンラムネの楽しみ方

 1950年代に千葉県のメーカーが考案された同お菓子ですが、メーカーの廃業にともない、東京都台東区の岡田商店が製造の委託・販売を行ってきました。

 2016年にはアニメ「だがしかし」にも取り上げられるなどコアな人気を誇っていたものの、2018年に岡田商店が「諸般の事情によりビンラムネの製造を一時休止しております」と発表。以降、復活を望む声が上がっていました。

ビンラムネだ がしかし 駄菓子 うさぎのラムちゃん

 今回の製造販売再開については、新たに製造を引き継ぐメーカーはもちろんのこと、以前同製品の製造を行っていたメーカーなど多くの人の協力により、技術指導及び原料や資材の手配・保管などができたことから実現したと岡田商店。

 「お客様には再開を期待するお声を頂き、この商品は残さなければならないと気持ちを切らさず頑張る事が出来ました。本当にありがたく、感謝の気持ちしかございません。ありがとうございます」と感謝の気持ちを述べつつ、「今回、製造の工程や原料の調達などに関わり、メーカー様がいかに大変なご苦労をされて製造にあたっているか身にしみて感じました」とコメントしました。

 また、多くの駄菓子メーカーがコストの高騰を製品価格に転嫁できず、廃業や商品の製造終了を決断していると業界の実情を明かしつつ、「利益さえ出ていれば後継者に託す事が出来ますし、設備の更新も出来ます。これは個々の事業者の努力だけでは難しく、業界全体で取り組んでいかなければならない問題です」と自社の考えを示しました。

 多くの人の思いがこもった「ビンラムネ」。見かけたら手に取ってみたいものです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声