ニュース
» 2021年08月25日 20時00分 公開

あの頃、ハイソックスは「イケてる証」だった…… 平成JKのハイソックスとソックタッチの思い出を描いた漫画に「わかる」「懐かしいですね」の声(1/2 ページ)

ソックタッチって不思議な匂いだったな……。

[ねとらぼ]

 制服に合わせる「ハイソックス」にこだわっていた高校生時代の思い出を描いた漫画がInstagramに投稿され、「わかる!」「懐かしいですね」といった声を集めています。

JK時代のハイソックス 令和は韓国風の着こなしが流行っていますね

 漫画の作者は、シブヤツキミ(shibuyatsukimi)さん。平成の女子高生だったシブヤさんは、令和の女子高生が短い靴下を履いているのを「かわいい」と思いながらも不思議だと感じているそうです。

JK時代のハイソックス 当時、ハイソックスは正義だった
JK時代のハイソックス イケてる証でもありました

 というのも、シブヤさんが女子高生だった時代は「ハイソックスが正義」だったから。当時の雑誌の制服特集はハイソックスばかりで、ハイソックスは「イケてる証」でもあったといいます。

JK時代のハイソックス 校則には勝てないJK
JK時代のハイソックス ソックタッチ、最近はあまり見かけなくなりました
JK時代のハイソックス 全力で引っ張って少しでも長く!

 一方で、シブヤさんが通っていた学校の指定ソックスは、ハイソックスと呼ぶには短い丈のものでした。しかし、流行を追い求めたいシブヤさんたちは諦めません。靴下をとめるアイテム・ソックタッチを使い、少しでも憧れのハイソックスに近づけようと全力でソックスを伸ばしていました。

JK時代のハイソックス あまり動くとソックタッチが……
JK時代のハイソックス ベリッ
JK時代のハイソックス 儚く散る夢

 そんなシブヤさんたちにとって、体育の授業はとても危険な時間。大きく動くことによりギリギリまでのばしたソックスが悲鳴をあげ、どんどん下へとズレていきます。

 ソックタッチが一度剥がれてしまった脚は、のりが乾いてテカテカしたあとが残ったり、ソックスが濃い色の場合は毛羽立った繊維がついたりと、なんとも言えないルックスに。努力の甲斐なく体育に敗れたソックスを見て、シブヤさんは「終わっ…た… 私もここまで…か」と膝から崩れおちるのでした。切ない……!

 当時は「オシャレに人生かけてた」というシブヤさん。この漫画には、シブヤさんと同じく「紺ソにローファー、スクバにカーディガンしか勝たん世代」の読者から、「めっちゃ分かります〜! 私の地元はハイソックスの長さも長すぎても短すぎてもダサく、ふくらはぎのやや中間より上くらいがイケてるとされてました」「ソックタッチを小遣いで買うとなると地味に高くて、アラビックヤマトの液体糊で留めてました」と懐かしいエピソードが寄せられています。

 また、令和の時女子高生たちからは「いかに短くできるかで必死です」「スウェットに短めスカートに短い靴下が韓国っぽくて可愛いんですよね」といった声も。「かわいい」の基準も時代とともに変化しているんですね。

 シブヤツキミさんは、当時のツキミさん流「靴下の履き方」を描いた漫画も公開中。Instagramやブログ「シブヤツキミの陰気な独り言」では、女子校に通っていたときの思い出や、「あるある」を描いた漫画を投稿しています。

画像提供:シブヤツキミ(shibuyatsukimi)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響