ニュース
» 2021年08月26日 21時00分 公開

殺されたミステリー作家と、動物と会話できる超能力者…… 唯一の目撃者「飼い猫」が衝撃の真実を告げる漫画(1/3 ページ)

所々にヒントが張り巡らされています、お見逃しのないように。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 2002年にタカラ(現・タカラトミー)から発売された、犬の気持ちが分かるという犬専用声紋分析機「バウリンガル」。想定以上の大ヒットとなったこの商品は、同年に人々を笑わせ考えさせてくれた業績に贈られる「イグノーベル賞平和賞」を受賞し、大きな話題となりました。

 今回ご紹介する作品は、バウリンガル以上に「ある特定の条件下でのみ、動物のしゃべった言葉が分かる」という特殊能力者のお話なのですが……それをもってしなければたどり着けない、実に奇妙なてん末が描かれています。作者は三奈(@abco414)さんです。

殺人事件の唯一の目撃者は猫だった話 漫画
漫画をまとめて読む

 ある場所に建つ大きな洋館。殺人事件の現場となってしまったその一室で、現場検証が行われているのですが……そこには「被害者の飼い猫と向かい合い、"猫が目撃したと証言する犯人像"を語る青年」の姿がありました。

 警察関係者から「アニマルコミュニケーター」と呼ばれる青年は「さまざまな動物の言葉が理解できる……ただし、なんらかの事件や不祥事を目撃した動物に限る、超能力者」です。その能力の精度は、捜査協力を依頼されるほど。どうやら彼のなりわいとなっているようです。

 唯一の目撃者である猫の証言を伝え、帰ろうとした青年でしたが……警察関係者から、主人を亡くしたその猫をしばらく預かるよう頼まれます。それを断ろうとした青年でしたが、結局押しつけられてしまい猫を預かることになったのでした。

殺人事件の唯一の目撃者は猫だった話 漫画
殺人事件の唯一の目撃者は猫だった話 漫画

 殺されたのは人気ミステリー小説家で、青年はその被害者の作品を愛読しているファンのひとりでした。このシリーズの続きはもう読めないのか、この作品の犯人は一体誰なのだろう……と未完の小説を開く青年へ、猫が唐突に声を掛けてきたのです。

 猫が語ったのは、青年からして納得の行く、その小説の犯人とトリックでした。それを受けた青年は「自身の能力は小説内の事件も聞き出せる」と気が付き、そして「被害者に未公開の作品はあるか」と尋ねます。すると猫はタイトルらしき単語を言い放ち、つらつらと設定を語り始めるのでした。

殺人事件の唯一の目撃者は猫だった話 漫画
殺人事件の唯一の目撃者は猫だった話 漫画
殺人事件の唯一の目撃者は猫だった話 漫画

 猫が断片的に語る内容を、青年は文章へとしたためてゆき……しばらく後、小説が完成してしまいます。それはミステリー小説好きの青年からして「少し手直しすればものすごく面白い作品になる、絶対に売れるぞ」と言わしめるものでした。

 「まだ世に出ていない、出ることもない、好きな作家の新作小説」を手に入れた青年は、少しだけいい気分になります。ですが「この小説の犯人、洋館の主人の犯行動機が分からない」と猫に尋ねたところ、衝撃の事実が判明するのです……。

 青年が「気付いてしまったこと」とは一体なんだったのでしょうか。気になる展開と結末は、漫画を読み進めてお確かめください。

作品提供:三奈(@abco414)さん

記事:たけしな竜美(@t23_tksn


       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」