ニュース
» 2021年08月27日 08時30分 公開

兄が弟を叩いてしまうのは寂しさからの“SOS”? 悩んだママが試した3つの方法を描いた漫画が参考になる(1/2 ページ)

試してみたい。

[ちゃすこ,ねとらぼ]

 子育てママは、毎日がてんてこまい。兄弟育児ともなると、その大変さははかりしれません。特に下の子が小さいときには、上の子に知らず知らずのうちに我慢をさせてしまっているのかも……? そんな兄弟育児中、長男の寂しさを訴えるSOSともとれる行動を描いた漫画がInstagramに投稿され、読者から反響が寄せられています。

長男からのSOS 長男くんなりのSOSとは……?

 漫画を描いたのは、3歳と0歳の兄弟を育てるプクティ(@pukutyma)さん。家族をかわいらしい猫の姿で描く育児漫画が人気を集めています。

長男からのSOS たまに手が出てしまう長男くん

 プクティさんには、最近気になることがありました。それは、長男くんがときおり次男くんに意地悪をしてしまうこと。長男くんは日頃から次男くんをかわいがっているものの、ふとした時に叩いたり、身体を押したりしてしまうのです。プクティさんが「長男くんが痛いことされたらいやでしょう」「もうやらないでね」と言い聞かせると「ごめんなさい」ときちんと謝る長男くんですが、意地悪は何度も繰り返されました。

長男からのSOS 長男くんなりのSOSと感じたプクティさん

 次男くんへの意地悪が、やきもちや寂しさを訴える長男くんなりのSOSなのでは、と考えたプクティさんは、ネットで調べた3つの方法を試してみることに。

 ひとつは、次男君のお世話をする前に、まず長男くんに許可を得ること。オムツ替えや寝かしつけに入る前に、一度長男くんへ「してもいいかな?」と声をかけるのです。

長男からのSOS 自然に長男くんとの会話が生まれるのがすてきです

 2つめは、長男くんに次男くんのお世話を手伝ってもらうこと。おむつのテープを留めるなど、小さなお手伝いを積極的に誘います。そして3つめは、お手伝いを思いっきりほめること。「長男くんが手伝ってくれて本当に助かったよ!」と、ぎゅっとハグして感謝を伝えます。

 プクティさんがこの3つの方法を続けていると、長男くんの意地悪がなくなっただけでなく、進んで次男くんのお世話をしてくれるようになったそうです。長男くんとの会話やふれあいの時間を自然に増やしながら次男くんの育児ができる、素敵な方法ですよね。

 漫画を読んだ人からは、「めっちゃ参考になった」「うちもやってみよう」というコメントが数多く寄せられています。

 毎日家事や育児に追われ、大変な兄弟育児。つい余裕がなくなりがちですが、上の子のケアをしながらみんなが楽しく暮らせたらいいですね。

 プクティさんはこのほかにも、兄弟との日々を描いた育児漫画をInstagramに投稿しています。

画像提供:プクティ(pukutyma)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響