ニュース
» 2021年08月27日 15時52分 公開

大阪大学、3Dプリントで和牛肉のサシまで再現する「金太郎飴技術」を発表 

場所を問わずに和牛培養肉の作製ができそうです。

[関口雄太,ねとらぼ]

 大阪大学は8月24日、同学の松崎典弥教授らの研究グループが培養肉で和牛肉のサシを再現する3Dプリント技術を開発したと発表しました。

「和牛肉の筋・脂肪・血管の線維組織ファイバーを3Dプリント」 新技術で和牛培養ステーキ肉のサシ再現に期待 線維組織ファイバーをまとめた培養肉

 研究グループは和牛培養肉を作製できる「3Dプリント金太郎飴技術」を開発。筋や脂肪、血管を金太郎飴のように統合し、3Dプリントでの作製を可能にしました。

 本技術の改善が進めば和牛のサシの再現、味や食感の調節が可能になるとのこと。これまでの培養肉は、筋線維のみで構成されるミンチが一般的で、チキンナゲットやハンバーグなどの形で提供されてきました。本技術により肉の複雑な組織構造の再現を可能となり、培養肉のテーラーメイド生産ができる未来が期待されます。

「和牛肉の筋・脂肪・血管の線維組織ファイバーを3Dプリント」 新技術で和牛培養ステーキ肉のサシ再現に期待 和牛培養ステーキ肉の生産が期待されます

 研究チームは本研究の背景と意義について、2050年に世界人口が97億人に到達し、タンパク質の配給が不足する「プロテインクライシス」に備えるものとしています。本研究は3Dプリント技術に関連したものですが、3Dプリント以外の細胞の培養プロセスも含めて自動装置を開発できれば、世界中でテーラーメイドの培養肉を作製でき、SDGsへ大きく貢献できると述べました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響