ニュース
» 2021年08月29日 21時00分 公開

祖母の家で鳴り響く“存在しない黒電話”の音…… 奇妙な実体験描く漫画にヒンヤリ(1/3 ページ)

なんだか悪いものではなさそう。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 旅行。知らない土地を訪れるというのはそれ自体が非日常、何か不思議な体験をしてもおかしくない、そのような気分にさせてくれるものです。

 今回ご紹介する作品は、よく知っているはずの祖母の家へ遊びに行ったところ、ほんの少しだけ奇妙な体験をしたという実話を漫画化したものです。作者は、コンプレックス修繕エッセイ『アゴが出ている私が彼に救われるまで』を手がける漫画家の枇杷かな子さん。

友人と体験したちょっと不思議な話 漫画 祖母の家で聞いた謎の音は……?

 10年ほど前の夏、枇杷さんが自身の祖母の家へ、友人と一緒に遊びに行ったときのお話。当時の祖母は叔母の家で暮らしていたため、祖母の家には誰もおらず、枇杷さんは友人と2人で2日間を過ごしたそうです。

 楽しい時間はあっという間に過ぎ、時間はすっかり夜になっていました。家の中でくつろぐ2人でしたが……どこからともなく「ジリリリリリン」と、か細く響くような音が聞こえてきたといいます。

友人と体験したちょっと不思議な話 漫画
友人と体験したちょっと不思議な話 漫画
友人と体験したちょっと不思議な話 漫画

 枇杷さんは不思議に思い、その発信源を探すのですが……音を出している物は家のどこにもありません。それは間違いなく家の中で鳴っているはずなのに、その音を出している物がどこにもない、というのです。

友人と体験したちょっと不思議な話 漫画
友人と体験したちょっと不思議な話 漫画

 相変わらず音の発信源はわかりませんが、いつしかふたりはその正体に気が付きます。枇杷さんが小さな頃、この家で聞いた懐かしい音……「黒電話の音」だということに。

 この家に存在しない物の音が、どういうわけか聞こえてくる……2人の背筋が粟立ちます。ですがお互いに気付かないふりをしていたところ、いつしか黒電話の音は止んでいたそう。

 そしてこの「黒電話の音」を皮切りに、「偶然にしてはできすぎている、ちょっとした奇妙な現象」がいくつも発生した、というのです。気になる「奇妙な現象」の数々については、漫画を読み進めてお確かめください。

作品提供:枇杷かな子(@BiwaAmazake)さん

記事:たけしな竜美(@t23_tksn

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」