ニュース
» 2021年08月29日 13時30分 公開

ぱんちゃん璃奈、金属片混入とは別ロットと訂正 ワクチン接種後にアナフィラキシーに、金属アレルギー明かす(1/2 ページ)

ワクチン接種から12時間後に症状が出て顔が腫れ上がったとのこと。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 プロデビュー以来無敗で知られているキックボクサーのぱんちゃん璃奈選手が、8月29日にTwitterを更新。金属片が混入していたワクチンと同製造ラインで製造され、現在は回収された新型コロナウイルスワクチンを接種後、アナフィラキシーの症状が出て救急搬送されていたことを明かすとともに、自身が金属アレルギーだと公表しています。

ぱんちゃん璃奈 キックボクシング コロナワクチン アナフィラキシー 現在 ぱんちゃん璃奈選手(画像はぱんちゃん璃奈オフィシャルブログから)

 22日に2回目の新型コロナウイルスワクチンを接種したことを報告していたぱんちゃん選手。12時間後に高熱とアナフィラキシーの症状が発生したため夜中に救急搬送され、アレルギーを抑える点滴を投与したことを明かしていました。

 その後、米モデルナ製ワクチンに金属片が混入していた可能性が浮上。さらに、28日には基礎疾患のない30代男性2人が、同時期に同じ工場で製造されたために使用を見合わせているロット番号のワクチンを接種後に死亡していたことが報道されています(なお、ワクチン接種との因果関係は不明)。

 当初は「異物金属混入の同ロットワクチンを接種した」としていたぱんちゃん選手ですが、正しくは製造ラインが同じで、接種したロット番号は「3004956」とのこと(金属片混入の可能性があるのは「3004667」、2人の男性が接種したのは「3004734」で、この3つのロットは使用見合わせ中)。アナフィラキシーの症状が金属アレルギーによるものだったのではないかと推察するとともに、アナフィラキシーで腫れ上がった顔写真も公開しています。

 ぱんちゃん選手は報道を知った後、新型コロナウイルスの副反応を相談する連絡先に電話したものの、「ここではそういうの対応していないので打った会場に電話してください」と告げられたとのこと。しかし、会場に電話しても「それはただワクチンの副作用のものかもしれないから(対応は)できない」「異常があった報告は聞いてないので、他の人にも同じように伝えています」「病院で自費で検査してもらうことになります」と自身で解決するよういわれます。

 この対応にぱんちゃん選手は「どこで何の検査したらいいのか素人なので分かりません」「自費でもいいので何の検査をしたらいいか…」と困り果てた様子で訴え、「何かあってからでは遅すぎます。本当に」「大切な身体で、人生で初めてあんな副作用出てしまってるので、せめて検査だけしてほしいんです」と切実な思いを訴えました。

 ぱんちゃん選手は1994年生まれの27歳。2019年2月にプロデビュー以降、11試合全てに勝利し“無敗の女王”として知られています。また、モデルのようなキュートなルックスにもたびたび注目が集まっており、運営しているYouTube「ぱんチャンネル_ぱんちゃん璃奈」はチャンネル登録者数9万人を突破しています(2021年8月29日現在)。

ぱんちゃん璃奈 キックボクシング コロナワクチン アナフィラキシー 現在 プライベートでのぱんちゃん選手(画像はぱんちゃん璃奈から)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/21/news063.jpg 北斗晶、長男結婚で嫁・門倉凛と“親子デート”を満喫 「娘が欲しいと思ってた」と念願叶ってウキウキ
  2. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  3. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  4. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  5. /nl/articles/2205/04/news030.jpg 門倉凛、北斗晶の長男との“初夫婦ショット”が超お似合い 「絵になる」「末永くお幸せに」と祝福の声
  6. /nl/articles/2205/21/news005.jpg おやつを前にした柴犬が「ちっちゃくしてください……」と猛アピール 飼い主に全力で甘える様子がかわいい
  7. /nl/articles/2205/20/news134.jpg 壮大なフリだったのかよ……! ピース綾部、ついに明かした5年間の“渡米の真実”に「最初の計画は失敗です」
  8. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  10. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声