ニュース
» 2021年09月05日 13時00分 公開

“中に餡を詰め込める”と話題のギョーザエコバッグ 開発者を取材したら商品への愛情がすごかった(1/2 ページ)

開発者「中身の柄は実は最初のアイデアでは“餃子のレシピ”だった」

[Kikka,ねとらぼ]

 ギョーザを模したチャームからするするっと出てくるエコバッグ、その柄はなんとギョーザの餡。SNSを中心に話題を呼んでいる「ギョーザのエコバッグ」の開発者を取材。意外な出発点から始まった開発秘話を聞きました。

ギョーザエコバッグ

 ドリームズが発売している「My Dish ECO BAG Gyoza(マイディッシュ エコバッグ ギョーザ)」は、コンビニのお弁当などにぴったりのサイズのエコバッグ。

ギョーザエコバッグ

 普段はギョーザのチャームとして、使うときは中からエコバッグを取り出して使うことができますが、バッグのデザインがニンニク、豚肉など、餡にインスピレーションを受けたものとなっており、SNSでは「ほしい」「ミンチ柄の落とし込みがすごい」「微妙に柔らかそうなギョーザ部分、手にとってニギニギしてみたい」といった声が上がっています。

ギョーザエコバッグ

SNSバズをきっかけに作者降臨

 この商品をTwitterユーザーのたばね(@_tabane)さんが紹介したところ、7万2000件を超える“いいね”が寄せられたほか、1万3000件以上拡散。ついには開発者の元まで届きました(関連記事)。

 ねとらぼ編集部はギョーザエコバッグの開発を手掛けた、ドリームズ元社員の餃子ちゃん(@Gyozanomoushigo)さんに制作秘話を聞きました。

ギョーザエコバッグ

――ギョーザエコバッグの企画はどのように始まったのですか。

餃子ちゃんまず初めに出した企画は餃子のみです。そこから、「どうせ販売するならシリーズにしよう」との話が出てオムライスやロールキャベツ、エビフライなどの案が出てきました。

 最終的には人気がある食べ物で中身が「餡」と納得感のある「オムライス」「餃子」が候補に選ばれました。

ギョーザエコバッグ

――エコバッグのデザインが秀逸で驚きました。

餃子ちゃん中身の柄は実は最初のアイデアでは“餃子のレシピ”だったんです。

 「餃子を作りたい人がスーパーで何を買えばいいかすぐにわかるように」を目的に、「餃子が出来上がるまでの過程が餃子に詰まったエコバッグ」という事で提案しました。

 しかしその後、「普通のエコバッグはもう世に溢れているので、若い世代に向けたコンビニ弁当に特化したエコバッグの形に改良してほしい」という案が出ました。

 そうすると布の幅が一気に狭くなるのでレシピのイラストが描けず、さらに行き先がコンビニになると出来合いのものを買う場合が多いため、「餃子の材料やレシピを載せても意味ないなぁ」と、再度デザインを考え直しました。

――そんな裏話があったんですね。

餃子ちゃんそうなんです。まず「ケースから出したとききっとクシャクシャだから、クシャクシャでも可愛い柄って何だろう」というところからいくつか案を出し始めました。

 ちょうどGUさんのパターン柄のパジャマも話題になっていた時期だったので、「買ってほしい世代にマッチするのではないか!」と考えてパターン柄を1つのアイデアに加えました。

 餃子のイラストのパターン柄や材料そのもののイラストのパターン柄、「餃子」という文字のパターン柄、色々考えたのですが、最終的に「シリコンのケースの隙間からのぞいたときに、餃子の中身の柄だったら納得感もあるし面白そう!」と閃きました。そのアイデアは当時、社長も気に入ってくださり、すぐ採用されました。

 結果的にこの餡柄になって、よりこの商品の良さを引き立たせることができたのでとても良かったと思っています!

――最後にご自身からみてギョーザエコバッグはどんな存在ですか。

餃子ちゃんこの商品を企画してから発売するまでに1年半かかりました。一緒に頑張ってくれたデザイナーがいたのですが、本当に2人でわが子のように可愛がって守って、育てた商品です! 現在は2人ともドリームズから離れておりますが、このように直接開発者の私にお話をさせてくださったこと、大変感謝しております。

ギョーザエコバッグ

 餃子ちゃんさんによると、当時は第2弾としてスイーツをテーマにしたエコバッグを作りたいとも考えていたとのこと。ユニークな発想は人々の暮らしを彩っています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  2. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  3. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. /nl/articles/2109/16/news147.jpg 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  5. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  6. /nl/articles/2109/16/news022.jpg 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  7. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  8. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  9. /nl/articles/2109/16/news018.jpg ちょっとそこまで昼飯を買いに行った飼い主、帰宅すると…… 猫ちゃん5匹の熱烈すぎるお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2108/19/news134.jpg 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」