ニュース
» 2021年08月31日 08時30分 公開

名曲「チェリー」のPVを見た6歳男子が“スピッツの事実”に衝撃! 子どもならではのかわいい発見を描いた漫画にキュンとする(1/2 ページ)

そっちが新鮮だったのね……。

[みやはら由惟,ねとらぼ]

 大人にとっては当たり前のことが、子どもにとっては衝撃の事実であるということがあります。……そっかぁ、そうだよね……と妙に納得しつつ、かわいいと思ってしまう漫画がInstagramに投稿されています。

ALT 子どもと一緒にお気に入りアーティストの曲を聴く幸せよ

 作者のはなうさ(@hanausagimama)さんは、6歳と3歳、2人の男児を育てているママ。今回は、CMを通してロックバンド・スピッツの曲を知った息子くんが、「スピッツの事実」を知り衝撃を受けたお話です。

ALT テレビCMで、スピッツの名曲チェリーが流れます

 子どもたちとテレビを見ていたはなうささん。CMでスピッツの「チェリー」が流れてきます。愛してる〜♪というサビのフレーズを耳にし、懐かしさで胸がいっぱいになります。

ALT 小さな子ども達の「愛してる」がたまらない

 曲を口ずさむことで「愛してる」という言葉を覚えた子どもたち。人生で初めての「愛してる」がスピッツの曲だなんて……! そのほほ笑ましくきゅんとくるシチュエーションに、はなうささんは「いいなっ……!!」と気持ちを噛みしめます。

ALT ママの大好きな曲、一緒に聴こうね

 つられてサビの歌詞を歌い続けるママの姿を見て、子どもたちは「この曲知ってるの?」と興味津々。はなうささんの「一緒に聴く?」という誘いに「きく!!」とノリノリです。

 はなうささんは、大好きな曲を子どもと一緒に聴ける幸せを噛みしめながら、YouTubeで「チェリー」のプロモーションビデオを流すのですが……なぜか息子くんはとまどった様子。

ALT よ、4人なの……? 

  食い入るようにPVを見る息子くん。「愛してる〜♪」はサビだからこの後……と説明をするママに、息子くんが発した言葉は「4人しかいない……!」。え、そこ……!?

 テレビCMでは、分割された画面にたくさんの人が一斉にチェリーを歌い大合唱となっています。そのため、スピッツは4人組バンドではなく、もっとメンバーの多いグループだと思っていたんですね。眉間にシワを寄せた表情から、息子くんの衝撃が伝わってきます。

 ちなみに、息子くんはこの後「みんなどこ行っちゃったの?」と心配していたそうです。か、かわいすぎる……!

 はなうささんは漫画を「長男、6歳になり『愛してる』とスピッツは4人だと知る」と締めくくっています。息子の人生初めての「愛してる」にきゅんとしたり、「4人しかいない」発言にびっくりしたり、子育てをしているといろいろな気持ちがめまぐるしく湧いてきますね。

 何はともあれ、新しい知識を学んだ長男くん。これから先も、色んな「初めて」に出会う姿を見るたびに、ママはうれしかったり、おどろいたりしていくのでしょう。

 はなうささんは、この他にもInstagramで育児漫画を公開中です。

画像提供:はなうさ(@hanausagimama)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」