映画「シャン・チー」レビュー シリーズで1、2を争う面白さにぶっ飛ばされる傑作(1/3 ページ)

主演に大抜擢されたシム・リウに惚れた。

» 2021年09月03日 18時00分 公開
[ヒナタカねとらぼ]

 9月3日から、映画「シャン・チー テン・リングスの伝説」が公開されている。結論から申し上げておくと、本作は「ぶっ飛ばされるほど」に超絶面白かった。予備知識もいっさい必要なく、見る人を選ばない娯楽作として万人に心からおすすめできる。

映画「シャン・チー」レビュー シリーズで1、2を争う面白さにぶっ飛ばされたので全力で推す (C)Marvel Studios 2021

 本作は同じ世界観を共有するスーパーヒーロー映画シリーズ「マーベル・シネマティック・ユニバース(以下、MCU)」の第25作目。筆者個人としては、これまでシリーズでは「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019)が別格だったが、本作はそれに迫る傑作だった。

 アメコミ映画のファンはもちろん、全く見たことがないことがないという人も魅了されるであろうポイントがいくらでも思い付く。ネタバレにならない範囲で、さらに詳しく、その面白さを紹介していこう。

動画が取得できませんでした
「シャン・チー テン・リングスの伝説」予告編

MCU初のアジア人の主人公 シム・リウの身体能力を見よ!

 本作で何より注目するべきは、主人公がMCU初のアジア人ヒーローであること、そしてそれを演じるのが中国系カナダ人の俳優シム・リウだということだ。

映画「シャン・チー」レビュー シリーズで1、2を争う面白さにぶっ飛ばされたので全力で推して、世間の反応にちょっとキレる (C)Marvel Studios 2021

 シム・リウは「パシフィック・リム」(2013)のエキストラや、多数の海外ドラマの出演の経験はあるものの、これまではほぼ無名に近かったため、異例の大抜擢(ばってき)と言っていい。そして、実際に本編を見れば、なぜ彼が世界最高峰の映画シリーズのヒーローに選ばれたのかが、はっきりと分かる。

 それは「カンフー」を取り入れた盛りだくさんのアクションに、シム・リウが類まれな身体能力を持って全力で応えているからだ。彼がインスタグラムに投稿している動画を見ても、彼本人がスーパーヒーローたり得る資質を存分に持っていることを思い知らされる。

 しかも、劇中では見た目も性格も親しみやすくチャーミングで、「普段は平凡なホテルマン」という役にピッタリとマッチしている。ちなみに、無名時代に写真素材サイトのモデルとして活躍していた写真もどれを見てもかわいいのでおすすめである。

 本編のアクションはカンフーと、ハリウッド最高峰のスタッフによる派手なVFXやセットを組み合わせた「ギミック満載」でこその面白さがある。特に序盤の「バス内でのバトル」はアイデアはもちろん見せ方も抜群に優れていて大興奮だった。

動画が取得できませんでした
「シャン・チー テン・リングスの伝説」超絶アクション編

 さらに中盤では「ビルの外壁」を見事に利用したアクションが展開し、そして「予告編でいっさい見せていない大スペクタクル」に至っては「MCUの中でいちばん面白いぞ!」と思えるほどだった。

 そして、アジア映画界の大スターであるトニー・レオンが主人公の父役、さらに多数のアクション映画で活躍するミシェル・ヨーも重要な役で登場し、瞬きする間も惜しい格闘シーンを見せてくれるのがたまらない。

 時に、もはや「ドラゴンボールかな?」と思わせる「空中をぶっ飛ぶ」アクションが展開するのも最高だ。ちなみに、デスティン・ダニエル・クレットン監督は監督は幼少期にアニメ「ドラゴンボールZ」を見て育っていたらしいので、オマージュになっている部分もあるはずだ。その他にも「監督は日本が大好きなんだな」と思える日本文化がいくつか劇中に登場するのが嬉しい。

映画「シャン・チー」レビュー シリーズで1、2を争う面白さにぶっ飛ばされたので全力で推して、世間の反応にちょっとキレる (C)Marvel Studios 2021

 そんな「世界的ヒーロー映画シリーズにおけるNo.1のアクション」を実現したのが「今までほぼ無名の俳優」というのがシンデレラ・ストーリーであるし、今までディズニー作品やハリウッド映画ではあまり日の目を見てこなかったアジア系の俳優が主演を務めたことが、日本人としても嬉しい。

 何よりも、シム・リウという人そのものが本当に魅力的であり、本編を見て心から大好きになれたのだ。ポスターや予告編を見て「誰?」と思った方も、ぜひ見てほしい。惚れるぞ。

「毒親」と戦うストーリーも熱い

 ここまでシム・リウの魅力を先走ってお伝えしたが、あらためてあらすじを記そう。

 主人公シャン・チーはホテルの駐車係として平凡な生活を送っていた。実は、彼は幼い頃から父が率いる犯罪組織「テン・リングス」で厳しい修行の日々を送っていた過去があり、ある理由から逃げ出して自分の運命を変えていたのだ。そして、今になって父が放った刺客がシャン・チーを襲い、陰謀に巻き込まれることになる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/16/news016.jpg 結婚式で乾杯音頭をとる3歳息子、口癖になるほど練習して…… 大好きなおじのために頑張る姿が580万再生「天才!」「可愛い過ぎて涙出ました」
  2. /nl/articles/2404/15/news025.jpg 悪さばかりする猫に小型カメラを装着→映像を確認してみたら…… 衝撃の光景に「ヤバい最高」「こういうの見たかった」
  3. /nl/articles/2404/16/news014.jpg 築54年団地の狭いキッチン、洗った食器はどこに置く? プチプラ&すっきり片付くアイデアに「私の理想!」「そのセンスが欲しい」
  4. /nl/articles/2404/16/news015.jpg 8歳娘が描いた“志村けん”に「うますぎてびっっっっくり」「間違いなく天才」と絶賛の嵐 才能あふれるペンさばきが128万再生
  5. /nl/articles/2404/16/news006.jpg 元野良猫たちの家の庭に野良猫が現れた→ガラスを隔てた熱い攻防戦が…… それぞれの反応と予想外のオチに爆笑
  6. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  7. /nl/articles/2404/15/news156.jpg 豊田章男会長、マクドナルド「ハッピーセット」のおもちゃに大喜び→「天下のトヨタ会長がハッピーセットって」「ほんとお茶目で好き」と話題
  8. /nl/articles/2404/16/news033.jpg 小麦粉を変えてクッキーを作ってみたら…… 5種類の焼き比べが100万表示「こんなに変わるのねぇ〜〜〜」「みんな違ってみんな良い!」
  9. /nl/articles/2404/15/news132.jpg 「仮面ライダーゼロワン」出演俳優、脳梗塞の後遺症続き活動休止 「右半身の麻痺が回復せずこの度の決断に」
  10. /nl/articles/2404/03/news161.jpg 橋爪淳、大河ドラマ出演終了で「大腸に5センチ程のガン」公表 “病院嫌い”だったと明かし「命を繋いで頂きました」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」