ニュース
» 2021年09月04日 11時30分 公開

1本でもうれしかった「色付きそうめん」を好きなだけ! 子ども心をくすぐる「五色そうめん」に注目集まる(1/2 ページ)

梅や抹茶、みかんなど、天然色素で色とりどり。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 昔のそうめんに数本混じっていた、ピンクなどの色が付いた麺。自分に回ってくるとなんとなくうれしく感じた人もいるのではないでしょうか。そんな子ども心をくすぐるカラフルな「五色そうめん」が、近ごろTwitterで話題です。数本どころか、全部色付き。

五色そうめん カラフルで目に楽しく、そしておいしそう!

 五色そうめんは寛永12年(1635年)に創業した愛媛の老舗で、カラフルな麺を始めたのは享保7年(1722年)のこと。8代目長門屋市左衛門の娘が、参拝の折に美しい五色の糸が下駄にからみついたのを見て、「そうめんに色を付けてみては?」と提案したのがきっかけだそうです。

 着色には自然材料が用いられており、種類は白・もち麦・梅・抹茶・みかんを基本に、くちなしの青やゴマの黒といったバリエーションも。タコ糸などで端を縛ってからゆでれば互いが混ざらず、配色を工夫した華やかな盛り付けができます。

五色そうめん 五色どころか七色のセット
五色そうめん 盛り付けも絵を描くように楽しめる

 3世紀ほどの歴史を誇る商品ですが、Twitterユーザーのちゑ(@meloooncyan)さんが、「数本混じってる色つきそうめんに浮かれていた小学生の私が度肝を抜かれる商品」と紹介したことで、あらためて話題に。「かわいいしおいしそう」「色付きを巡って兄弟で争いが起きた思い出」「愛媛県民なので当たり前に受け止めていたけど、これ珍しいのか!」など、さまざまな反応を呼んでいます。

画像提供:ちゑ(@meloooncyan)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」