ニュース
» 2021年09月07日 20時00分 公開

顔を自由に変えられるようになったら? フェイスシールドが発達した未来描くSF漫画に考えさせられる(1/2 ページ)

アバターみたいに顔も着せ替え。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 感染症対策用のフェイスシールドが、精細なディスプレイを備えたスマートデバイス「フェイスモニタ」に進化した未来、人間はTPOに合わせて顔を変えるようになった――。漫画家の窓口基(@MADOguchimoto)さんによるSF作品、「」が好評です。技術革新が社会を変える様に考えさせられる。

漫画をまとめて読む
アイキャッチ 着せ替え感覚で自分の顔も変えられる未来

 フェイスモニタは、感染対策用の密閉換気式フェイスガードや、両面透過モニタ、スマートグラスといった技術の進歩が重なって生まれたデバイス。表面に精細な顔や画像を立体的に表示しつつ、裏面では外の風景や各種情報が見られます。表に表示する“顔”は素顔の表情と連動するので、自然な感情表現も可能。

 当初は主にARマニュアルやリアルタイム翻訳に用いられていましたが、「最高にうまくいったメイクの状態を保存し、いつでも読み出して再現できる」利便性の発見がきっかけで、爆発的に普及。誰もが着用するようになってからは、「常に自分の顔を使う必要もない」と皆が気付き、時と場合に合わせて“表の顔”を変えるようになりました。

1P 内側のモニタに見える相手の顔も、勝手に変更。不愉快な相手を簡素なアイコンに変えたりしてるのかなと、想像が膨らむ

 例えば、通勤通学などむやみにプライバシーをさらしたくない場では、無個性なアバター。友人との外出では仲間内で通じるキャラクターのアイコン。部活では自信満々、就活時は清潔感、謝罪するときはいかにも申し訳なさそうにと、人々は表情をその場に求められる「正解の顔」に変えていきます。

2P

 これは現代のわれわれだって程度の差こそあれ、機械がなくとも素で行っているしぐさではありますが、フェイスモニタはそんな苦労を無用のものとしました。この「素顔を変えなくともよい自由」を示すかのように、漫画の語り手は「私の顔はようやく私のものになったのだ」と話を締めくくるのでした。

3P

 漫画は「コロナ禍が長引いたら本当にこうなりそうだとか考えてしまった」「アプリで盛りまくる現代もだいたいこうなりつつある」「美容にもう疲れたからこうなってほしい」「たまに見えるレアな素顔にときめく、平安貴族みたいな未来」など、さまざまな反応を呼びました。作者はこうした短編SF漫画をTwitterで多数公開。短編集『みらいみらいあるところに』として、Kindleでも配信しています。

作品提供:窓口基(@MADOguchimoto)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」