ニュース
» 2021年09月08日 07時30分 公開

「OLって何の略なんですか?」 2050年から2021年を振り返る漫画がリアルで興味深い(1/2 ページ)

令和生まれの鈴木杏寿郎が大叔母に取材するお話。

[宮原れい,ねとらぼ]

 今から少し先の未来・2050年を生きる登場人物が昔を振り返る漫画『2050年の私たち』が現実味があって面白いです。オチがなるほど令和……!

漫画をまとめて読む
2050年 2020年 振り返り 漫画 町田粥 主に2020年以前の東京を振り返ります

 令和生まれ(31歳)の小説家・鈴木杏寿郎(あんじゅろう)が、大叔母の小倉ちまき(59歳)に、2020年前後の東京について取材するお話。新作小説の主人公が1990年生まれの企業勤めの女性ということで、話題は当時の会社での“しきたり”に。

2050年 2020年 振り返り 漫画 町田粥

 2021年現在すでに死語となりつつある「OL(オフィスレディ)」という言葉の解説から始まり、来客時にお茶を出すときのいろいろな作法を学ぶ「お茶くみ研修」があったことや、「名刺交換の研修」「エレベーターの上座の位置」などを合宿してまで一通りやった思い出が語られます。

 そんな“昔”の話に、鈴木は「…知らない人が淹れたお茶は衛生面気にしてくれてるかな? とか俺は心配ですねえ」と話し、またエレベーターの上座やお酌のマナーは全くの初耳で、逆に興味深いようです。未来の若者が現代以上に衛生面に敏感なのは確かにあり得そうですが、その結果未来人の感じる違和感が現代人とはまた違ったポイントになるのも面白い……。

2050年 2020年 振り返り 漫画 町田粥
2050年 2020年 振り返り 漫画 町田粥

 小倉が「最初はちょっとした相手への気遣いから始まったことがマナーになって、最後には形式重視のルールになって、それをする理由を知らないことってあるんだよねえ」とここまでの話をまとめると、今もそういう話はよくあると彼も笑って返します。

 さらに、そういった時代を経てなくなったモノに対する捉え方として、「でもこれらの『今とはちょっと違う』って話は、ちまきさんたちが取捨選択してくださった結果なんですよねえ」と令和生まれの鈴木は話すのでした。

2050年 2020年 振り返り 漫画 町田粥 鈴木のお母さんが当時何にハマっていたのかがわかるオチでした

 そして作品の最後では、彼が自身の“下の名前”について「母が深く感銘を受けた作品から漢字を頂いたと聞いています」という事実が語られており……当時の「杏寿郎」と言えば、400億の男!

 作者は『マキとマミ〜上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話〜』の著者で漫画家の町田 粥(@machi_kayu)さん。今回の漫画を描くにあたって1990年代生まれの方に取材したそうで、飲み会の研修などはその方の実体験のようです。なお、一部の内容については「滝行したりする会社だったからちょっといろいろ特殊だったのかもしんねえ…」とも補足しています。

 町田さんは『FEEL YOUNG』(祥伝社)で、伝統の歌劇団を夢見る少年たちが集う音楽学校を舞台にした『吉祥寺少年歌劇』を連載。先日最終回を迎え、10月8日にコミックスが発売予定です。また、「pixivコミック」では単行本発売まで、毎週エピソードを公開する再連載もスタートしています。

作品提供:町田 粥(@machi_kayu)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news122.jpg 坂口杏里さん、新婚夫が毎日の愛妻料理をベタ褒め “バカ美味すぎ”の評価に「嬉しすぎて幸せやぁ」「愛ですね」
  2. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  3. /nl/articles/2206/27/news100.jpg 「出勤前に柴犬の匂いを染みつける飼い主」 ギュッとされるワンコの幸せそうなお顔に「心が浄化された」の声
  4. /nl/articles/2206/28/news156.jpg 元乃木坂46の伊藤かりん、「顎変形症」手術のプレート除去 「骨って再生するんだね。人間すごい」
  5. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  6. /nl/articles/2206/10/news085.jpg 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  7. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦
  8. /nl/articles/2206/28/news098.jpg 「SOUL'd OUT」が突如トレンド入りも本人たちは無関係で「真実はどこだ」状態 発端は“Sold out”の誤変換?
  9. /nl/articles/2206/27/news130.jpg この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つかると食べられちゃう!? 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  10. /nl/articles/2206/27/news184.jpg 「TRF」YU-KI、療養中「globe」KEIKOの近況明かす「彼女はいたって元気です」 2011年にくも膜下出血倒れる

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」