ニュース
» 2021年09月08日 19時49分 公開

ピクスタ、SNS上での「利用規約違反」指摘を謝罪 デジタル庁・石倉氏の画像無断使用巡って

「対応方法として軽率だった」と謝罪しています。

[ねとらぼ]

 画像素材サイト「PIXTA」を運営するピクスタは9月7日、同社執行役員がTwitter上で利用規約違反を直接指摘したことについて「対応方法として軽率だった」として謝罪しました。



 問題となったのは、ピクスタ執行役員の伊藤遼氏が9月3日に投稿したツイート。デジタル庁事務方トップの石倉洋子氏が、自身の個人サイト上でPIXTAの画像を無断使用している――といったネット上の指摘を受け、石倉氏に直接リプライを送る形で、「PIXTAの透かしが入った画像利用を複数確認しました(弊社の利用規約違反です)」など指摘しました。その後、石倉氏が画像の無断使用を認めて謝罪したのは既報の通りです(関連記事)が、同時に伊藤氏のツイートに対しても、ネット上では「わざわざ吊し上げるような形で指摘する必要があったのか」「SNSでやることですか」といった批判が集まっていました。

 ピクスタ側の経緯説明によると、PIXTAでは通常、こうした利用規約違反があった場合、他に問い合わせ手段がない場合に限り、最終手段として「SNS上でのリプライ」を使って連絡するケースもあるとのこと。今回の石倉氏のケースでも、石倉氏への連絡手段がSNSしかなく、さらにDMも送れない設定だったため、話題の拡散スピードの速さや、対応を求める声の多さも考慮し、執行役員PIXTA事業本部長という伊藤氏の立場から、当該のツイート送信に至ったとしています。

 今回ピクスタ側は、伊藤氏の一連の行為について「個人の画像素材利用の責任の枠を超えてSNS上で人々に言及される」結果を招いたとし、「対応方法として軽率であった」と謝罪。今後は公の場で指摘する以外の方法がないか、また指摘による影響についても十分に考慮し、慎重に協議したうえで「公式アカウントを使って」行うよう努めていくとしました。

 またその一方で、画像素材サイトとしてクリエイターの権利と信頼を守るためにも、規約違反を見過ごすわけにはいかないこともあらためて強調。他に手段がない場合に限っては、今後もリプライで指摘を行う場合があるとし、「ご不快に思われる方もいらっしゃるとは思いますが、やむを得ないことであることも、何卒ご理解賜れますと幸いです」と理解も求めています。


PIXTA 謝罪 伊藤氏のツイート(Twitterより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」