ニュース
» 2021年09月09日 16時00分 公開

給食で出た「ひじきのり」にハマった女の子にメーカーが神対応 粋なはからいとメッセージが話題に(1/2 ページ)

メーカーのタカ食品工業に話を聞きました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「給食で気に入った『ひじきのり』を家でも食べたい」と娘にせがまれ、公式の通販に事情を添えて注文したら、優しいメッセージ付きで送られてきた――。食品メーカーの粋なはからいが、心温まると話題です。編集部では製造販売元のタカ食品工業にお話を聞きました。

 話題の「Feひじきのり」は、給食や病院施設向けのジャムやソースなどを手がける福岡のメーカー、タカ食品工業の製品。のりとひじきを合わせ、鉄分を加えた佃煮です。

 これを小学1年生の長女にねだられたのが、Twitterユーザーの月見(@tmakh1991)さん。初耳だったひじきのりをネット検索で探し当てたところ、娘さんは「コレー!!」と大興奮。近日に控える誕生会に出してあげようと、公式ショップで購入することにしました。

ひじきのり 話題の「Feひじきのり」。公式通販で40個入り700円

 しかし、娘さんの誕生日は9月5日で、発送は最速でも9月8日。月見さんは間に合わないと思いながらも、ダメ元で「長女が給食でひじきのりを食べて衝撃を受けたようで(中略)9月5日が誕生日なのでその日に間に合えば大変うれしいです……!」などと添えて注文しました。

 すると、9月1日にはメールで発送通知が届き、翌日にはひじきのりが到着。規定外の迅速な対応に加え、「お誕生日おめでとうございます。小学校での給食でわたしたちのつくだにを、気に入ってくれてありがとうございます」と、祝福と感謝のメッセージまで添えられていたのです。

ひじきのり メーカーのスタッフ一同からハッピーバースデー! 娘さんが読みやすいよう配慮した文面もすてき(月見さんのツイートより)

 メーカーの心配りに「読んだ瞬間涙目になった」と、月見さんはいたく感動。この一件は「すてきな誕生日プレゼントになりましたね」「一気にタカ食品のファンになった」と、多くのTwitterユーザーを和ませました。「見ていたら懐かしくて食べたくなった」とひじきのりを注文する人も多く、一時は公式サイトがダウンする事態になりました。

 そして誕生日当日、月見さんちの食卓にはたくさんのごちそうと一緒にひじきのりが並びました。主役の娘さんは大喜びで、ごはんに乗せてものの2分で完食したそうです。

ひじきのり ごはんにもひじきのりが笑顔を描く(月見さんのツイートより)

 大きな反響を呼んだひじきのりについて、編集部はタカ食品工業を取材。あのハッピーバースデーのメッセージを書いたという、販売企画室の担当者に話を聞くことができました。

―― まず「Feひじきのり」の魅力や特徴について、あらためて教えてください

タカ食品工業:鉄分不足の傾向がみられる子供たちに摂取しやすい、ヘム鉄を加えた商品です。1食で鉄分約1ミリグラム摂取できます。鉄入りの食品にしては鉄を感じにくいと思います。

 使い切りなので、衛生面のメリットもありますし、お弁当にも便利です。給食用に製造しておりますので、お子さまに親しみやすい味に仕上げています。

―― 月見さんから注文を受けたとき、社内の反応は?

タカ食品工業:「絶対誕生日に間に合わせよう」という話になりました。小学1年生が、学校生活もコロナ禍で不安定ななか、給食で出てきた我が社の製品を気に入ってくれたことがとてもうれしく、励みになりましたので、何か私たちから恩返しができたらという気持ちでした。

―― 過去にもこのような対応をしたことはありましたか?

タカ食品工業:私たちのできる範囲ではありますが、対応はさせていただいております。お手紙や、イラスト、お写真等のお礼を頂いたこともあり、大切に保管しております。

画像提供:月見(@tmakh1991)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」