ニュース
» 2021年09月09日 20時00分 公開

「和風庭園を作るロボ」が上野公園に現れ話題に 4本のメカアームが広大な砂利に和の息吹をもたらす(1/2 ページ)

東京都のイベント「Tokyo Tokyo FESTIVAL」の一環。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 上野恩賜公園に現れた、枯山水のような文様を描くロボットが注目を集めています。日本庭園とロボット技術の、不思議な組み合わせ。

枯山水ロボ 4台のロボットアームが、砂場に文様を描く(画像提供:すずき村長さん)

 このロボットは、東京都のイベント「Tokyo Tokyo FESTIVAL」の一環で、7月28日から9月5日まで出展されていたもの。4台のロボットアームが14トンもの砂利をなぞり、枯山水の1要素、「箒目(ほうきめ)」のような文様を描くシュールな様は、観覧者のツイートがきっかけで広く話題を呼びました。

 Twitterでは「技術と文化の融合が面白い」「すごいけどわびさびがない」などと賛否ありましたが、実はこの試み、ロンドンの「ジェイソン・ブルージュ・スタジオ」が、禅の庭からインスピレーションを受けて作ったアート作品「THE CONSTANT GARDENERS」。「アート、テクノロジー、スポーツの領域にまたがる広大な動的インスタレーション」とされており、日本庭園そのものを機械で造るのとは趣向が違うようです。

 制作においては、役目を終えたロボットアームに「庭師(ガーデナー)」と名付け再利用。描いているのは「アスリートの動き」で、過去のオリンピックやパラリンピックの映像を手本に、さまざまな競技を文様化しているのだそうです。

枯山水ロボ スプリンターのストライドを表現(ジェイソン・ブルージュ・スタジオのサイトより)
枯山水ロボ 円盤投げ選手の複雑な動きも(ジェイソン・ブルージュ・スタジオのサイトより)

 同スタジオは出展に際し、「伝統、職人技、そして進化するテクノロジーの役割について考えさせられる作品で、東京の文化的な中心地にありながら、来場者が静かに自分自身を見つめ直せる空間を提供する」とコメントしています。

動画提供:すずき村長(@szkjn)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」