ニュース
» 2021年09月10日 13時45分 公開

「歩行者はなぜ他の歩行者にぶつかるのか」イグノーベル賞に京都工芸繊維大・村上久助教ら 日本人の受賞は15年連続

歩きスマホ、他の歩行者集団にとっても悪影響だった。

[ねとらぼ]

 2021年の「イグ・ノーベル賞」の授賞式が9月10日(日本時間)に行われ、京都工芸繊維大学の村上久助教らの研究が「歩行者がしばしば他の歩行者と衝突する理由を実験で明らかにした」として「動力学賞(Kinetics Prize)」に選ばれました。日本人のイグ・ノーベル賞受賞は15年連続となります。

 村上助教らの研究では、横断歩道などで向かい合って移動する2つの歩行者集団が、自然といくつかの列に分かれる「レーン形成現象」に着目。54人の学生を27人ずつの2グループに分けて歩かせ、その様子を観察しました。その中で、27人のうち先頭の3人にスマートフォンを持たせて計算問題を解きながら歩かせたところ、歩きスマホをしている3人だけでなく、集団全体の歩行速度が低下し、動きに乱れが生じることを発見したそうです。

イグノーベル賞 実験の様子(京都工芸繊維大学の発表より)

 村上助教らは研究のポイントとして、歩行者集団の中では「歩行者同士が『互いに』動きを予測し合うこと」が重要であり、歩きスマホをしている歩行者がいる場合「彼らに向かっていく者や同じ方向に進む者でさえ、予期的行動が阻害される」と結論づけています。歩きスマホが当人だけでなく、周囲の集団にも悪影響を与えかねないことが立証された形となります。

 村上研究質のTwitterでも10日、受賞について報告。賞金の10兆ジンバブエドルと、贈られた盾の写真とともに、「盾はエアコンの風で飛ばされそうなほど頼りないです」とツイートしています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」