ニュース
» 2021年09月12日 13時15分 公開

「バズった分だけ◯◯」になる」イラストがTwitterでブーム 火付け役“かわいくなっていく八尺様”投稿者に話を聞いた(1/2 ページ)

つい参加してみ続きが見たくなっちゃう。

[コンタケ,ねとらぼ]

 現在Twitterで「バズった分だけ◯◯になる」イラストがブームになっており、さまざまな派生作品が作られています。今回のブームの発端となった投稿者に話を聞いてみました。

バズった分だけ 八尺様 八木戸マト twitter バズった分だけかわいくなっていく八尺様。この後めちゃくちゃかわいくなります

 「バズった分だけ◯◯になる」は、投稿したイラストのRT数やいいね数で内容が変化していくというもの。最初は不穏な状況やピンチな状況から始まり、バズるに連れて良い変化が起きたり予想外にシュールな変化が起きていきます。

 Twitterではバズった分だけかわいくなったりイケメンになったり戦闘力が上がったりするイラストや漫画が多数投稿されており、1万件を超えるRT・いいねを集めているものも。そんなブームの火付け役になったのは、漫画家の八木戸マトさん(@yakitomahawk)

 八木戸マトさんが最初に投稿したのは、「バズった分だけ可愛くてえっちになる八尺様」。まさに怪異といった雰囲気のおそろしい八尺様のイラストですが、この大変興味深い投稿文章によりイラストは広く拡散され4万件以上のいいねと16万件以上の「いいね」が集まりました。

バズった分だけ 八尺様 八木戸マト twitter
バズった分だけ 八尺様 八木戸マト twitter
バズった分だけ 八尺様 八木戸マト twitter
バズった分だけ 八尺様 八木戸マト twitter

 いったいどのような発想からこのイラストを投稿したのか、八木戸マトさんに聞いてみました。

―― 始めたきっかけはどのようなものだったのでしょうか。

八木戸マト: 自分は4ページ漫画を主に発信する漫画アカウントでしたが、今の流行に伴って4ページ漫画の人気は下火となり、拡散する為のコンテンツとして力を失いつつあると感じていました。

 では今のはやりはというと、ワンタイトルが入った1ページ漫画やイラストがかなりの勢いも持っていて、自分もこれに手を付け始めたりしないといけないな思いました。そこでいくつかの企画を考えたのですが、その試し打ちとしての最初の企画が「バズった分だけ」みたいなワードを入れた1ページ漫画ツイートでした。本当に軽い気持ちのらくがき程度でアップしたものですが、予想外の反響を頂けて非常にありがたく思います。

―― Twitterでの盛り上がりについてどう思いますか。

八木戸マト: 自分が「バズった分だけ」のツイートをアップしてから、いつのまにか「バズった分だけ」のハッシュタグが作られたり、ちょっともじったものをアップする漫画家さんも結構見られました。自分発信でこういった現状が起きるのは初めてのことでしたので、非常に面白いなぁと思っています。

 ただ盛り上がる分、Twitterのユーザーさんは「バズった分だけ」のツイート見飽きたわ! とかなりヘイトをため始めるのは当たり前というか想定内の事ですので、今はちょっと盛り上がってますがすぐに収まると考えてますし、続けるものでもないと思っています。とはいえ、こういったちょっとした遊びめいたコンテンツも1ページ漫画とかであれば気軽に参加できたりするので、それはそれでとても楽しいです。これからもTwitterの皆も一緒に遊べるようなコンテンツはポツポツと考えていきたいと思います。


 

画像提供:八木戸マトさん(@yakitomahawk)

八木戸マトさんの著書

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」