ニュース
» 2021年09月14日 21時00分 公開

魚が大量死する死の川、そこに現れたアマビエはひどいありさまで…… ある日の夏休みに遭遇した「謎の生物」を描いた漫画(1/3 ページ)

かつては知る人ぞ知るマイナー妖怪でした。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 新型コロナウイルス感染症が猛威をふるうなか、ドの付くマイナーから世界に知られる超メジャー妖怪へと一気に知名度を上げた「予言獣・アマビエ」。一時期のような大ブームこそ落ち着きましたが、今でも様々なところでその姿が見られます。

あの日の怪魚 漫画

 今回ご紹介する作品は、アマビエをそれと知らずに接してしまった人物のお話なのですが……日本のどこかであったかもしれない不思議な内容となっています。作者は映画化もされた漫画『セイキマツブルー』を代表作に持つ、漫画家のヒロタ(@hirota249)さんです。

 ある女性が回想する、夏休み最後の日……8月31日の出来事。当時小学6年生だった少女は、ひとつだけ終わっていない夏休みの宿題「自由研究」のテーマを探し、町をふらふらとさまよっていたそうです。

 何も考えつかないまま町を歩き回るうち、彼女は町を流れる川にたどり着きます。その川は夏になると魚が大量死するところで、季節になるといつも魚の腐った強烈な臭いがただよう、地域住民はあまり通らない場所なのでした。

あの日の怪魚 漫画
あの日の怪魚 漫画
あの日の怪魚 漫画

 大量の魚の死骸を眺めつつ、自由研究のネタを探し川沿いを歩く少女でしたが、やがて奇妙なものを見つけます。それは子どもの死体と見間違えてしまいそうな、明らかに魚ではない「謎の生物」でした。

 見たこともない「それ」はなんとか生きている、だけどこのままでは長くはもたない、自由研究の題材としてはもってこいの謎の生物。様々に思いをめぐらした後、意を決した彼女は「それ」をすくい上げ、自宅へ持って帰るのでした。

あの日の怪魚 漫画
あの日の怪魚 漫画

 自宅へたどり着いた少女は、それが少しでも元気になるようにと、金魚の療養用の環境を整えた水の中へ入れてやりました。しかし、それは力なく水面に浮かび上がり……もう長くはないようです。

 少女はそれが生きているうちに観察を進めるべく、外見をじっくり眺めます。くちばしがついた鳥のような顔、尾びれのようなものは3つあり、大きなウロコはきらきらと光っていて、背びれはなく、長い髪の毛のようなものが生えている。

 あらためて観察してみても、やはり魚ではありません。しかるべき施設へ引き渡したほうがよい新種の生物なのではと考えた矢先、思わぬ形でそれとの別れはやってきます。そして夏休み明け、彼女の提出した自由研究のレポートは学校に掲示され、その後……。

 話は現在に戻り、女性は「それの正体」を知ってか知らでか、淡い期待を抱くようになっていたのでした。その気になる顛末は、漫画を読み進めてお確かめください。

作品提供:ヒロタ(@hirota249)さん
記事:たけしな竜美(@t23_tksn

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響