ニュース
» 2021年09月14日 07時30分 公開

想像を超える“母の器のでかさ” ティッシュへのいたずらも「賢い」「かわいい」 孫への愛を描く漫画に共感の声が集まる(1/2 ページ)

多くの人が戸惑う子どもの自我の芽生え。下の子の誕生で受け止められるようになるケースも。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 イヤイヤ期に代表されるように、子どもの“自我の芽生え”は、ときにワガママに思える行動が伴うもの。そんな様子を優しく受け止める祖母を描いた漫画が話題になっています。

母の寛容さ これだけ器が大きくなれるものなのだろうか……
漫画をまとめて読む

 1歳の英(えい)くんは、近ごろ嫌いな食べ物を吐き出したり、ティッシュで遊んでいるのをやめさせようとすると大泣きしたりと、自我が日に日に育ってきている様子。突然の激しい自己主張に、母親の子持ちしらご(@mtana_s)さんも手こずりがちなようです。

母の寛容さ 食事をさせるのも一苦労です
母の寛容さ 自己主張は成長の証。でも、そのたびに泣かれると大変

 そんなある日、実家に預けた英くんを迎えに行くと、部屋が一面テッシュだらけに。黙々とティッシュを引っ張り出し続ける英くんに、思わず「ウワアアアアア!!!」っと衝撃を受ける子持ちしらごさん。一方、部屋では英くんの祖母が、穏やかな笑顔でくつろいでいました。

母の寛容さ 子どもは気持ちよいのだろうけど、はたしてそれでいいのか
母の寛容さ 時間差でも孫の愛らしさを感じたい!

 「これ いいの?」とたずねると、「全然いいのよ〜」と答える子持ちしらごさんのお母さん。その理由は、テッシュで遊ぶ英ちゃんを賢いと捉えており、今後箱から出されたテッシュを使う際も、そのたびに英ちゃんのかわいさを思い出せるから。

 子持ちしらごさんは、母のおおらかさに尊敬の念を覚えつつも、そのあまりのでき愛ぶりにあきれるのでした。

 Twitterでは、漫画を読んだ多くの人から共感の声が。ティッシュで遊ばれたり、食べ物を吐き出されたりなど、子どもの自我の芽生えに振り回された人は少なくないようです。また、孫でなくても、下の子どもが生まれたり、慣れたりして「仕方ない」と受けとめられるようになったとのコメントも見受けられました。

 子持ちしらごさんはこの他にも、子育てや日常の出来事の漫画を多数投稿。また、手芸サイト「minne」にて子どもの似顔絵を描くサービスも行っています。


(谷町邦子 FacebookTwitter

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響