ニュース
» 2021年10月18日 11時30分 公開

【学校で事故った体験談】小1のころ、学校の先生のオルガンを聞いていたら「バーーーンッ」→小指の爪がはがれた理由(1/2 ページ)

オルガンの痛いやつ。

[ねとらぼ]

 「学校は机に座って勉強するだけの場所ではない」とよく言われますが、それゆえにさまざまな事故やトラブルも起こりうるもの。ねとらぼ読者からそんな体験談を伺う本企画、今回は「教室にあったオルガンのふとしたトラブル」のお話。痛いんですよね、こういうの……。

ちょっとした空き時間、オルガンを演奏してくれた先生

 小学1年生のころ、私のクラスでは「下校前にオルガンの周りに集まって、担任の先生のピアノの演奏を聞く」ということがよくありました。

 掃除が早く終わると、終わりの会が始まるまでちょっとした自由時間になって。そのとき「先生何か弾いて〜」と頼むと、よく弾いてくれてました。

―― あらステキ。

 そういう風に自分含め、5〜7人くらいで先生の演奏を聞いていたあるときのこと。終わりの会が始まる時間になって、先生がオルガンのフタを閉めました。

 それが突然のことだったので、鍵盤に置いたままになっていた私の手はバーーーンッと挟まれ、右手小指の爪が丸ごとポロッと取れました。

 事態が飲み込めず宇宙猫のようにぼうぜんとしていると、様子に気づいた男子が「先生ー! ○○ちゃんが泣いてるー!!」と騒ぎ立ててくれて。おかげで、大人に気付いてもらえました。

※宇宙猫:「スペースキャット」とも。SNSなどでたまに見掛ける、宇宙を背景にした猫の合成画像の総称。特に有名なのが、驚きを通り越して呆然としているような表情で目を見開いている猫を使用したもの。

 ちなみに泣いてはなかったので、そこから慌ててウソ泣きしました。

―― その後、どうなりましたか?

 先生の車で取り急ぎ、近くの病院(内科)に行って。爪が生えるまでの数カ月間、治療を受けることになりましたが、親や祖母は「子どもだもん。ケガの1つや2つ」みたいな感じで心配ゼロ。

 当時高校生だった姉は、包帯ぐるぐる巻きのアメリカンドックみたいになった私の指を見て「漫画やんwww」と笑い、やはり心配ゼロでした。

 アラサーになった今でも、右手小指だけ関節の動きがカクカクしてます。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声