ニュース
» 2021年09月15日 20時00分 公開

お菓子のおまけシールが「通貨」になった小学校の漫画 持ち物検査で先生が大興奮した理由とは(1/2 ページ)

天使とヘッドはお菓子では得られないシビアな世界。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 シール集めに夢中な生徒を持ち物検査で取り締まったら、意外な事実が判明した――。1980年代後半の“天使と悪魔シール”ブームを描いた漫画が、子ども独自の社会が見えて興味深いです。作者はTwitterでノスタルジックな漫画を多数公開している、仲曽良ハミ(@nakasorahami)さん。

アイキャッチ1 子どもたちにしてみれば、宝物が持っていかれる恐怖。しかし理解ある担任は、彼らの有意義な行動に気付きます

 子どもたちの間で、学校にコレクションを持ち寄るのが流行。それに伴うシールの紛失といったトラブルが懸念され、教務会議で持ち物検査の実施が決まりました。

アイキャッチ2

 唐突な検査に、大事な宝物が没収されると絶望する子どもたち。シールのアルバムを持ち込んだ子が涙目で白状するなか、担任の先生はお菓子を持ち込んだ子に気付きました。

アイキャッチ3

 詳しく聞いてみると、彼がお菓子を持ち込んだ理由は、食べるためでなくシールと交換するため。なんと子どもたちの間で、悪魔シール1枚につきお菓子2個、お守りシールなら3個といったレートで物々交換が成立していたのです。なお、天使やヘッドなどのレアものは、お菓子では交換不可。経済の原則通り、シールのレア度で相場が決まるのが面白いところです。

アイキャッチ4

 なかには、給食のプリンを我慢して食べずにキープし、交換の種にする子も。そこまでしてシールを求める子どもたちの熱狂ぶりに、先生は怒る様子はなく、むしろ「シールが子どもたちの通貨として機能している」と興味を抱きます。

アイキャッチ5

 子どもたちがシールをきっかけにコミュニケーションを重ね、独自の価値基準を作り上げているのはすごいことではないか――。感心した先生は、お説教してやろうと言いつつ、子どもたちに宝物を返しにいくのでした。

アイキャッチ6

 漫画は「いい先生で良かった」「子ども同士の取引って、大人が見ても感心することがありますね」と反響を呼びました。「自分の周囲では、牛乳のフタ集めで経済が回っていた」「こういう交渉ごとに強かった友達は、大人になっても裕福な生き方をしていた」といった思い出話も寄せられています。

作品提供:仲曽良ハミ(@nakasorahami)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」