ニュース
» 2021年09月15日 20時05分 公開

保育園に行きたがらない3歳娘が、ある日すんなり登園するようになって…… かわいい理由を描いた漫画に「きゅんきゅんします」「がんばれ〜」と応援の声(1/2 ページ)

守るべき存在がいると、強くなれる。

[ねとらぼ]

 保育園に行くのを拒否していた娘が、ある日突然すんなり登園するようになって……。そのかわいいきっかけを描いた漫画がInstagramに投稿され、「きゅんきゅんします」といった声が集まっています。

守るべきもの 「行かない!!!」って言っていたけど……

 漫画の作者は、3歳の娘のうぴちゃんと、もうすぐ1歳になる息子のてんくんを育てるユユマル(yunyun5569)さんです。

守るべきもの 「がんばろうよ」と呼びかけてみるものの……
守るべきもの お友達の協力で行ける日もありました

 保育園に通ううぴちゃん。今まで行きしぶりはなかったものの、てんくんが生まれた後は自分を取り巻く環境が変わったせいか、教室に入るのを嫌がるようになってしまったといいます。

 「がんばろうよ」と頼んでみるユユマルさんですが、うぴちゃんは「やだ!!!」ときっぱり。お友達が誘ってくれると教室に入ったり、保育園が楽しすぎて帰りたがらない日もあったりするといううぴちゃんですが、登園するときだけ嫌になってしまうようです。

守るべきもの ある日突然すんなり登園
守るべきもの 翌日もさくっと登園
守るべきもの いったいなぜ?

 そんなうぴちゃんですが、ある日急にすんなりと登園してくれました。スタスタと教室に入り、ユユマルさんに手を振る姿はまるで別人のようです。この日だけの出来事かと思っていたユユマルさんですが、なんとうぴちゃんは次の日もごきげんで登園してくれたのです。

 ユユマルさんはうぴちゃんが登園してくれるようになった理由を考えてみました。すると、1つ思い当たることがありました。

守るべきもの うぴちゃんがお気に入りのぬいぐるみ・ネルンちゃん
守るべきもの ネルンちゃんは車でお留守番です
守るべきもの 小さくても、守るべき者がいると強い!

 それは、保育園に行くときに、車までネコのぬいぐるみの「ネルンちゃん」を一緒に連れてきていたこと。ネルンちゃんは、うぴちゃんが3歳のときにパパからもらったもの。家ではうぴちゃんはネルンちゃんといつも一緒に過ごしていました。

 ユユマルさんによると、うぴちゃんは「ネルンちゃんのママである自覚」が芽生えている様子。すんなりと登園できた日は、車に乗ったネルンちゃんに「良い子で待っててね」と話しかけてから教室に向かっていったそうです。うぴちゃんは、自分よりも小さい「守るべき者」が1匹で待っていてくれているのだから、自分も頑張ろう! と思ったのかもしれません。

 この漫画には、「登園拒否しんどいですね」といったユユマルさんへの共感のコメントのほか、「弟が保育園に一緒に行くようになってからは先輩風吹かせて弟の手を引いて登園してます」「小さなママがんばれ〜」といったうぴちゃんへの応援のコメントが集まっています。子どもにとって、自分よりも小さな存在が頑張っている様子は大きな刺激になるのですね。

 ユユマルさんは、この他にもInstagramでうぴちゃんとてんくんとの生活を描いた漫画やイラストを公開中です。

画像提供:ユユマルさん(yunyun5569

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」