ニュース
» 2021年09月18日 11時30分 公開

御茶ノ水駅に“お茶と水だけ販売”する自販機が登場 「こういうセンス好き」「普通に需要がある」と話題に 設置の経緯を聞いた(1/2 ページ)

御茶ノ水駅限定です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 JR御茶ノ水駅(東京都千代田区)に設置された、お茶と水だけを販売する自動販売機が「こういうセンス好き」とTwitterで話題になっています。

 御茶ノ水駅限定と書かれた「お茶と水自販機」を、Twitterユーザーのとうよこ(@7913F)さんが撮影・公開しています。隣には「御茶ノ水駅なので『お茶』と『水』だけの自販機はじめました」とわざわざ説明するポスターも掲示されており、しゃれっ気たっぷりです。

 あまりに潔いダジャレに「笑った」「こういう遊び心好き」と笑顔になる人の声が寄せられ、お茶と水というラインアップに「普通に需要がある」といった声から、「御茶ノ水行きたくなるやんw」の声が上がるなど注目を集めています。

御茶ノ水駅 お茶 水 自販機 JR東日本 御茶ノ水駅に現れた「お茶」と「水」自販機(画像提供:とうよこ@7913Fさん)

  JR東日本クロスステーションに設置したきっかけについて聞くと、「駅をご利用するお客さまを元気づけたい」という駅社員の発案から始まったとのこと。現在のコロナ禍で「少しでも明るい話題を届けたい」という思いと、「お客さまに飲み物を飲んで一息ついてほしい」という願いを、今回の“お茶と水自販機”という形で表現したとしています。

 ちなみに企画に携わった御茶ノ水駅の駅社員は、「SNSで想像以上に話題になってビックリしているそうです」とJR東日本クロスステーション。また「駅社員の方自身も、愛着を持ってこの自販機を利用していると聞いています」とのことでした。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10