ニュース
» 2021年09月17日 19時40分 公開

“住める芸術品”「三鷹天命反転住宅」が存続のためクラウドファンディング コロナ禍で修繕計画が進まず

美術家・建築家の荒川修作氏とマドリン・ギンズ氏が手がけた「死なないための住宅」。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「住める芸術品」とも呼ばれる建築物「三鷹天命反転住宅 In Memory of Helen Keller」(東京都三鷹市)が存続危機にあるとして、修繕費を目的としたクラウドファンディングをMotionGalleryで開始しました。

三鷹天命反転住宅 三鷹天命反転住宅 外観(撮影:加藤健 提供:荒川修作+マドリン・ギンズ東京事務所)
三鷹天命反転住宅 設計を手がけた荒川修作氏とマドリン・ギンズ氏(撮影:山本真人 提供:荒川修作+マドリン・ギンズ東京事務所)

 三鷹天命反転住宅は、美術家・建築家の荒川修作氏とマドリン・ギンズ氏が「死なないための住宅」をテーマに設計した全9戸の集合住宅。2005年の竣工以来、一部は賃貸住宅、一部は教育・文化プログラムを世界へ発信するイベントスペースとして活用されてきました。

三鷹天命反転住宅 海外からの見学の様子(提供:荒川修作+マドリン・ギンズ東京事務所 (C)2005 Estate of Madeline Gins. Reproduced with permission of the Estate of Madeline Gins)

 竣工15周年を迎えた2020年には、大規模な修繕計画が進められる予定でしたが、その矢先に新型コロナウイルス感染症が流行。全イベントが中止となったうえに、見学会や短期滞在の利用者が激減しました。現在もなお計画の見直しすらままならず、経済的に苦しい状況が続いているといいます。

 クラウドファンディングの目標額は1000万円で、特に急を要する部分の補修工事費用に充てられるとのこと。支援コースは3000円からあり、見学会の招待券(5000円)やテレワークプラン招待券(3万円)といった返礼品が用意されています。

三鷹天命反転住宅 テレワークプランの利用イメージ(提供:荒川修作+マドリン・ギンズ東京事務所)
三鷹天命反転住宅 返礼品にはショートステイの利用権も。2人で3泊4日まで利用できる10万円のコースから、4人で30泊31日利用できる100万円のコースまで(撮影:中野正貴 提供:荒川修作+マドリン・ギンズ東京事務所 (C) 2005 Estate of Madeline Gins. Reproduced with permission of the Estate of Madeline Gins)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる