ニュース
» 2021年10月19日 11時30分 公開

【学校でトラブった体験談】教師がすぐそこにいる教室内、友達に鉛筆でこめかみを突き刺された理由(1/2 ページ)

「体は人間の意思通りに動いてくれるわけではない」。

[ねとらぼ]

 「学校は机に座って勉強するだけの場所ではない」とよく言われますが、それゆえにさまざまな事故やトラブルも起こりうるもの。ねとらぼ読者からそんな体験談を伺う本企画、今回は「鉛筆での大きなケガ」のお話。

「体は人間の意思通りに動いてくれるわけではない」

 僕が小学校1年生のころのこと。記憶があいまいな部分もありますが、確か「授業の課題が終わった人から休み時間に入っていい」という状況で、先生は教室の前方で課題チェック、課題を終えた僕と友人は教室後方の空きスペースで遊んでいたときのことだったと思います。

 友達に鉛筆でこめかみを突き刺されました。

―― えっ……?

 頭に激痛があることは何となく分かりました。でも、漫画などでもあると思うんですけどダメージがあった瞬間は理解できなくて、血が出始めてから遅れて騒ぎ始めました。すると周囲も騒然とだして、教師も駆け寄ってきて、病院に運ばれて……という流れだったと思います。

 出血量は血だまりができるほどではありませんが、傷を押さえている手から肘まで血の筋が垂れるくらい。あと、その後、鉛筆の芯が折れていたことが分かったのですが、頭の中からも周囲の床からも見つかなかったことを覚えています。

―― その友達はどうしてこめかみを刺してしまったんでしょうか?

 後日、親同伴で謝罪に来た本人の証言によると「ビビらせようと思っていた」「寸止めしようとしたら刺してしまった」ということでした。

 怖がらせて「ビビったー、雑魚やなー」みたいなことを言う遊びのつもりだったんだと思います。

 幼いながらに「体は人間の意思通りに動いてくれるわけではない」と学んだ出来事でした。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響