ニュース
» 2021年09月21日 20時00分 公開

畳を汚しただけで未来が変わる!? 現代でひっそり暮らす未来人が歴史を守る日常系SF漫画がじわじわくる(1/2 ページ)

原作者は「となりの関くん」の森繁拓真さん。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 SFというと未来や宇宙を舞台に大冒険――とイメージされがちですが、なんの変哲もない町で主人公ができるだけ“なにもしない”SF漫画『おとうふ次元(デメンション)』という異色の作品も注目を集めています。

おとうふ次元特別編 マット(畳)が植物でできているなんて! 自分が来た200年後の世界とのギャップに驚きが止まらない

 主人公は200年後の未来で、時空の亀裂を修復する任務を負っている時空修復官のジン・トライ。任務中の事故で21世紀の日本に漂着した彼は、寅井仁という大学受験生としてアパートに潜みます。未来人から見ると非合理だらけの21世紀の生活に戸惑いながら、歴史に干渉しないように「なにもしない」を使命にひっそりと暮らしている、というお話です。

 注目を集めているのは、原作者の森繁拓真さんがTwitterに投稿した単行本1巻収録の特別編。トライが21世紀で暮らし始めて10日ほどたった頃、大家さんがおしるこをおすそ分けしてくれました。

おとうふ次元特別編 合理性を重視する200年後の世界から来たトライにとって、おしるこは理解不能で危険な食べ物

 未来人にとっては味が濃すぎる旧世紀の食事。おしるこも甘すぎて「飲んでいいものなのか」と不安になります。のどに詰まらせると死んでしまうかもしれない「モチ」に「旧世紀の食べ物はいつも命懸け」「食事を死のゲームとして楽しんでいるのか?」と戸惑ううち、うっかりおしるこを畳にこぼしてしまいました。

 すると、歴史が変わりそうになると検知するセンサーが反応。慌てて拭き取ろうとするトライでしたが、畳が劣化しやすく、未来では高級な植物でできていることに気づいて衝撃を受けます。

おとうふ次元特別編 画面に映った様々な旧世紀(現代)の情報を見ることができる「ライブラリ」。判断に困った時の助けになります。人格型にして会話をすることも可能

 この時代に存在しないはずのトライが畳を汚すと、買い換えによって起こり得なかった畳の消費が発生するため、その影響がゆくゆくは未来を変えてしまう。そう理解した彼は畳を綺麗にしようと意気込むのですが、汚れは一向に落ちず……。

おとうふ次元特別編 力任せはダメ。昔から伝わる、ある「知恵」がピンチから救います

 焦るトライに未来のガジェットから思わぬ助言が。それは一体どんなものだったのか、漫画でぜひ確かめてください。

 漫画には「これ好き」「面白い。ついつい読みふけった」などの声が寄せられていました。BookLiveには、「なんでもない(ような)ことに大真面目に対処するカルチャーギャップ、大真面目ぶりに悔しい笑いが出る」といったコメントも。

 『おとうふ次元』は、『となりの関くん』『となりの関くんじゅにあ』を手掛ける森繁拓真(@morisige)さんが原作を担当、『どくヤン!』『トリアーデ』などの作者、カミムラ晋作(@kamimurake)さんが作画を担当しています。ちなみにタイトルの「おとうふ」はトライのある好物に関係しているようです。

 『おとうふ次元』は全3巻。ComicWalkerでは、一部のエピソードが公開されています。

作品提供:森繁拓真(@morisige)さん

(谷町邦子 FacebookTwitter) 

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」