ニュース
» 2021年09月28日 19時55分 公開

ネット騒然の4コマ漫画「妻の飯がマズくて離婚したい」ついに完結 料理嫌いな妻と「食事を楽しみたい」という夫、2人が辿り着いた結末は――(1/2 ページ)

これホント根深い問題ですね……。

[しげる,ねとらぼ]

 子育て中のママ向けコミュニティサイト「ママスタ」で連載されていた4コマ漫画「妻の飯がマズくて離婚したい」が、9月28日掲載の第30話でついに完結しました。「食事」という家庭内の一大問題にまつわるトラブルを描いた内容に、ネット上では連載中から大きな反響が寄せられていました。

妻の飯がマズくて離婚したい
漫画をまとめて読む

 「妻の飯がマズくて離婚したい」は、原案・ママスタコミュニティ、脚本・渡辺多絵、作画・もちというスタッフで、9月7日から連載が始まった作品。主人公ミナミは3人の子どもを育てている兼業主婦で、夫のアツシはフルタイムで働くサラリーマンという家族構成です。パートをやりながら3人の子どもを育てる……聞くだけでも大変そう……。

妻の飯がマズくて離婚したい 子育てしながら働くミナミ。目下の関心事は節約! 頭が下がります……
妻の飯がマズくて離婚したい ぶっちゃけ料理は苦手だけど、まあいいか……

 そんなミナミですが、目下の悩みは今後の子どもたちの教育費やそのための節約。もうひとつ「料理が苦手」という悩みもなくはないのですが、食べ物なんてお腹に入れば同じだし、今後のことを考えると節約が一番大事。とりあえず現状食べられるものはできているからそれでよし、という考えで生活しています。

妻の飯がマズくて離婚したい 食べてきたから大丈夫って、何食べてきたんですか……?
妻の飯がマズくて離婚したい ご馳走じゃん! いいな〜!

 そんなある日、仕事から帰ってきた夫アツシの態度がなにやらおかしいことに気づいたミナミ。問い詰めてみると、アツシが出してきたのはコース料理の領収書! しかもお値段は1人前1万2000円! 節約が大事、食事にお金をかけるなんて一番もったいない……そう考えて生活してきたミナミは、高いご馳走を一人だけ食べてきたアツシに怒りをぶつけます。

妻の飯がマズくて離婚したい しかしアツシも限界!!
妻の飯がマズくて離婚したい わかるよアツシ……美味しいもの食べるの楽しいもんな……
妻の飯がマズくて離婚したい うわーっ!! これは荒れるぞ!!
妻の飯がマズくて離婚したい えらいこっちゃ

 しかしアツシから出た反論は、「自分は本当はもっと食事を楽しみたい。食事にリソースを割くのを極端に嫌がる、ミナミの考えにはもうついていけない」というものでした。自分は3人の子どもの面倒を見ながら苦手な料理までやっているのに、なんて勝手なことを! キレたミナミはアツシに当たり散らし、あわや2人は離婚の危機……! いやいや、まだその結論にたどり着くのは早いって! 一回冷静に話し合った方がいいって!

妻の飯がマズくて離婚したい ずっと我慢してたのね……
妻の飯がマズくて離婚したい そして、ミナミが食事に興味を持たないのにも理由が……

 かつて2ちゃんねるの「嫁のメシがマズい」スレッド(ニコニコ大百科)が大いに盛り上がったように、料理にまつわるすれ違いは夫婦間の永遠のテーマの一つでもあります。

 漫画はこの後、食事に興味のないミナミに対するアツシの気苦労、そして手に入る食材に一手間かける食事を楽しんでいたアツシの実家の話へ移行。さらに、ミナミと同じく料理が適当で、「お腹に入ったら同じなんだから、食事に時間やお金をかけるだけ無駄」という価値観の原因となった、ミナミの母親の話へと移っていきます。

 確かに、食事に関する価値観は各家庭の習慣から来る差が大きいし、その分結婚後に夫婦間の違いに驚いたり、揉める原因になったりしがち。そういった家庭的なバックボーンまで踏み込むことで、単純にミナミかアツシを悪者にしてしまう展開に持ち込まなかった「妻の飯がマズくて離婚したい」のバランス感覚は鋭いものです。センセーショナルなタイトルですが、丁寧に作られた作品であることをうかがわせます。

ミナミの友達のアドバイスで若干光明が!

 というわけで、ミナミはアツシの食事に関する興味とこだわりを理解し、溝を埋めることができるのか。そして些細ながら重大なズレから始まった2人の離婚の危機は、果たして回避できるのか。気になるラストは、ぜひ本編最終話をご覧ください!

画像提供:ママスタセレクト


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」