ニュース
» 2021年09月30日 20時00分 公開

結婚したら名字は女性が変えるもの? “一般論”に違和感を覚える彼女が彼と話し合う漫画に共感集まる(1/2 ページ)

大切なことをちゃんと話し合える、すてきな二人。

[ちゃすこ,ねとらぼ]

 「夫婦別姓」の議論が進みつつも、結婚をするときには女性が男性の名字へと変えることがまだまだ一般的。そんな“一般論”に疑問を持つ女性がパートナーへ思いを伝える漫画がInstagramに投稿され、反響が寄せられています。

結婚後の名字 「苗字を変えることについて引っかかってた話」

 漫画を描いたのは、結婚生活1年目のにぃまる(niiiii_maru)さん。これは、4年間の同棲生活をともにしたパートナーとの結婚が決まった後のお話です。

結婚後の名字 名字を変えることについて尋ねてみました

 以前から、理由なく慣れ親しんだ名字を変えることに違和感があったというにぃまるさん。ある日「あのさ……名字って私が変えるの?」と彼に尋ねてみました。彼はきょとんとした様子で、「普通そうじゃない?」と悪気なく答えます。

結婚後の名字 「それが普通だから」という理由で名字を変えることに違和感があるにぃまるさん

 にぃまるさんは、自身の思いを彼に伝えました。「女側が名字を変えるのが普通だから」という理由で名前を変えるのが嫌なこと。世間一般にある「普通」の基準だけで、自分の名前やこれからの人生を決められたくないこと。結婚は2人でするものだから、こうしたことを1つずつちゃんと考えて決められる夫婦になりたいこと……。

結婚後の名字 しっかり思いを伝えます
結婚後の名字 思いを受け止めてくれるすてきなパートナー

 しっかりとした言葉で自分の意見を伝えるにぃまるさんに、彼は慌てて「ごめん」と謝ってくれました。それは、今まで「なんとなくそういうもんだとしか思っていなかった」という自身の考え方についての謝罪でした。

 にぃまるさんの手を取って固く握りしめ、「気付かなくてごめん」「ちゃんと2人で話し合っていこ」と決意を新たにしてくれた彼。その誠実さと暖かさに触れたにぃまるさんは、「この人となら一生一緒にいたいな」と笑顔を見せたのでした。

 その後、それぞれの考えを話し合い、納得した上で名字を彼のものに変えたというにぃまるさんは、漫画に添えて「自分の人生だし、私たちという家族だから、ちゃんと私たちの考えでこれから歩んでいきたいな…と思いました」とコメントしています。

 この漫画には、「家族の在り方も、女性の働き方もどんどん変わってきているのに、名字の考え方だけ取り残されているような感覚がします」「同じような気持ちを持っている人がいて心が軽くなりました」と共感の声が数多く寄せられました。また、「すてきな考え方ですね」「ちゃんと話し合える関係がすてきです」と、にぃまるさんと彼の関係を称賛するコメントも届いています。

 結婚という人生の大きな節目に必ず訪れる、名字の変更問題。どのような結果を出すにせよ、パートナーとよく話し合って決められる環境があると良いですね。

 にぃまるさんはこの他にも、夫となった彼との日常をエッセイ漫画にしてInstagramTwitterで発表しています。また、書籍『大切に想ったら大切にされた。大好きと想ったら大好きと言われた。なんでもない毎日が“特別”に変わるヒント』も販売中です。

画像提供:にぃまる(niiiii_maru)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙