ニュース
» 2021年09月30日 11時45分 公開

清原和博の元妻・亜希、元夫の“再起動画”に言及 ヒット連発する雄姿に「明日への生きる力になってくれたら」(1/2 ページ)

清原さんは約9カ月の特訓を経て、鋭い打球を連発していました。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 元プロ野球選手・清原和博さんの元妻でモデルの亜希さんが9月30日にInstagramのストーリーズを更新。清原さんが打席に立ってボールを鋭く打ち返している動画を紹介し、「明日への生きる力になってくれたら嬉しい」とコメントしています。

清原和博 亜希 元夫の雄姿を紹介する亜希さん(画像は亜希Instagramから)

 2008年に現役引退、2016年に覚醒剤取締法容疑での逮捕を経て、現在は薬物依存やうつ病と戦いながらYouTubeで主に活動している清原さん。しかし、2020年12月に公開された動画では、「ホームランを打ちたい」という思いと裏腹に、バッティングセンターで繰り出される球を全く打てないばかりか、途中から息を激しく切らし始め、わずか30球ほどで体力不足からギブアップしてしまう事態となりました。

清原和博 亜希 バッティングを途中でギブアップする清原さん(画像はYouTubeから)

 “通算本塁打525本”を強調していたにもかかわらず、ヒットを全然放てないという現状がこたえたといい、清原さんは当時130キロ超からの減量へ励み、厳しいバッティング練習にも本腰を入れて取り組むことに。

 清原さんは9月29日の動画で、約9カ月ぶりにホームランを打つべく、バッティングセンターに満を持して登場。わずか1球を見送った他は、飛んでくる100キロの球を次々打ち返して“再起”をアピールしており、終了後には「ならしですね」とコメントするほどの余裕を見せていました。

清原和博 亜希 快音を立ててヒットを飛ばす姿(画像はYouTubeから)

 亜希さんは、このときの動画から元夫がヒットを飛ばす画像を引用し、「私が言うのも変ですが、いろんな枠を取っ払った今だからこそ色んな事が見えてきます」と自身の立場を踏まえて意味深にコメント。「野球がどうだとか、ダイエットがどうだとか、犯した罪がどうだとか……」と、清原さんの過去と現在の活動を巡ってさまざまな声が上がっていることに言及する一方で、「この動画が誰かの為になり、明日への生きる力になってくれたら嬉しいです」としていました。

 亜希さんは清原さんと2000年に結婚し、2児を授かるも2014年に離婚。2021年7月には、19歳長男が「弱いところさらけ出せる今の方が断然かっこいいわ…」と元夫を評した言葉を紹介しており、清原さんのことについてInstagramで時々言及しています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙