ニュース
» 2021年10月01日 10時34分 公開

Slackの接続障害が「1%未満のユーザー」に発生中 在宅ワークに打撃(1/2 ページ)

その確率から「Slack接続障害ガチャ」と呼ぶ声も。

[ねとらぼ]

 10月1日未明(日本時間)から、コミュニケーションツール「Slack」に接続障害が発生しています。公式発表によれば、1%に満たない利用者に問題が生じているとのこと。

 Twitterでは、不幸な“1%未満”に選ばれてしまったユーザーの悲痛な報告が上がっています。

 接続障害はDNSに起因するもので、同社は午前4時50分時点で「問題は24時間以内に解決される」と予測を述べています。

 午前6時には「改善の兆しが見られた」と発表。アプリケーションのリロード(Ctrl+R/Command+R)で復旧する場合があるとのことですが、全てのユーザーの問題が解消したわけではないようです。

 なお、Twitterでは「パブリックDNSを利用することで接続できた」という声も。急を要する場合には自己責任で試してみてもよいかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10