ニュース
» 2021年10月02日 20時00分 公開

不眠不休で人間に奉仕、その裏には…… “品種改良された”家事妖精さんの漫画が闇深(1/2 ページ)

後味がたまらなく苦い……だが、それがいい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 洗濯や部屋の片付けまで、かいがいしく世話を焼いてくれる妖精「ブラウニー」の漫画が、かわいくて夢があって、そしてダークです。いろんな感情がじわじわくる。

アイキャッチ こんな妖精、本当にいたら最高なんだけど……?
漫画をまとめて読む

 ブラウニーはスコットランドや北部イングランドの民間伝承で、家に住み着いて人間の手助けをするといわれる小さな妖精。そんな不思議な存在を輸入品店の棚で見つけて、主人公は驚きます。見た目は虫の羽が生えたヒヨコのようで、体型はコロコロのぷくぷく。

1P
2P

 店員が言うには、本場のブラウニーは気難しいため、人の暮らしに寄り添うよう改良された品種が一般に流通しているのだとか。特に報酬をあげなくとも家事を手伝ってくれると聞いて、主人公は試しに自宅へお迎えしました。

3P

 ブラウニーはとても働き者で、掃除洗濯に靴磨き、アクセの修理に推しグッズの整理と、夜通し何でもやってくれます。その献身ぶりに感動した主人公は、無償でいいとは知りつつも何かあげたくなり――とそこで、ブラウニーに口がないと気付きます。

4P

 明くる日お店で確認すると、店員からは「口も胃袋もないよ? 使い捨てだもん」と衝撃的な返事が。丸々太った身体は、食事抜きで活動させるため、そして飛んで逃げられないようにするためだったのです。「人の生活に寄り添うような品種改良」は、言い換えれば「人間に都合良く作られた命」……。

5P

 非情な現実を知った主人公は、すぐさま会社を辞めて渡英。「不幸な子を産まないように」と、原種のブラウニーの飼育訓練に取り組むのでした。

 作者の駒津ゆはり(@Kuchibasi_comic)さんが、一部はカイコをモデルに描いたというこの漫画。「現代社会の寓話って感じが好き」「ブラウニーのかわいい見た目と、人間の業の不愉快さに心が揺さぶられる」と好評を博しています。

 駒津さんはほかにも、現実とファンタジーが交差するような短編をTwitterで公開。長編の「奇妙な街の鳥たち」シリーズは、Kindleでも無料公開されています。

作品提供:駒津ゆはり(@Kuchibasi_comic)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる